今回はノールックパスの投げ方と練習メニューの紹介をしたいと思います。

ノールックパスは相手を見ない状態で、パスを繰り出す技ですが、実際は視野の片隅で相手を見てパスをしています。または、一度相手の位置を確認してから、わざと逆方向を向いてパスを出す場合もあります。

パスをする相手の位置を正確に把握した上でパスをすることがコツになります。またパスをキャッチする側との意思の疎通も大事になるので普段からのコミュニケーションが大事になります。

スポンサーリンク


ノールックパスの練習メニューについて紹介します。

1.周辺視野を鍛える

バスケではパスをだすために広い範囲の状況を目で見て把握する必要があります。これは周辺視野と呼ばれていて、周辺視野を鍛えるには、出来るだけ目のすみで見える範囲を広げていく方法があります。

順番はランダムで1〜25の数字を5×5のマスに書いた紙を用意します。一番真ん中の数字をみながら回りの数字をみてなのん数字が書かれているか当てます。慣れてきたら、距離を調節して、視野を広げていきます。

2.動体視力を鍛える

バスケでは動いているものを絶えず目でとらえる必要があります。これは動体視力と呼ばれているもので、動体視力を鍛えるには動くものを目で追う事が効果的です。

道路を走る車のナンバーを覚えたり、とにかく動くものを目でとらえる練習をします。

3.瞬間視力を鍛える

バスケでは試合中たえず状況が変わっています。一瞬で見たものを判断する必要があります。これは瞬間視力と呼ばれるもので、瞬間的に見たものを判断することによって鍛えられます。

鍛え方としては、道などをあるいているときに、急に後ろを見てすぐにむき直します。一瞬見た景色などの情報を出来るだけ細かく思い出すようにします。

4.まとめ

上記の周辺視野や動体視力は日常生活で鍛えられるので、常に意識して日常生活の中に練習メニューをとりいれてみてください。

ゲームセンターのもぐら叩きのようなものでもいいです。とにかく目と同時に体も動かすようなものも効果的です。

目は使いすぎると視力が悪くなってしまいますので、練習はやりすぎずに適度にするようにしてください。

NBAの選手もノールックパスでディフェンスを引っ掛て成功させていますが、ノールックパスが成功すると、観客は湧き、ディフェンスにはかなりのダメージを与え、試合の流れを引き寄せる事が出来ます。

ノールックパスを成功させるためには状況判断が大切ですので、効果的に使っていきましょう。

  • バスケのパスを指導する際の注意点
  • バスケ初心者のパスの練習
  • バスケのあなたでも出来るトリッキーパス
  • バスケのパスタイミングをつかむ練習メニュー
  • バスケのパスに必要なセンス
  • バスケのリバウンド後のパス
おすすめの記事
バスケのリバウンドが上達するコツ
バスケのリバウンドはジャンプ中のバランスが大事になります。 空中のバランスには体幹を鍛える必要があります。 今回はバスケのリバウンドに必要な...
バスケのシュートが上達するコツ
ダンクをすることは、バスケしたことがある人の全員の夢だと思います。今回はバスケのダンクの練習方法について紹介します。 ダンクはバスケの中でも...
バスケのシュートが上達するコツ
バスケのダンクにはより高くジャンプするために垂直跳びの距離を伸ばす必要があります。 今回はバスケの垂直跳びを伸ばすための練習メニューを紹介し...
バスケの練習メニュー
初心者の方が、バスケを始めた時にやったらよい筋トレとはどんなものが有るかを成長期前、成長期後、そして社会人に分けてお話ししたいと思います。 ...
バスケのドリブルが上達するコツ
バスケのドリブルでダブルドリブル(以下ダブドリ)は、バイオレーションの一つです。ダブドリの定義を知って防いでいけましょう。 1.基本的なダブ...