トライアングルオフェンスはバスケの中でも難しいオフェンスとされています。今回はバスケのトライアングルオフェンスについてと練習メニューについて紹介します。

トライアングルオフェンスは攻撃時に3人の選手が三角形をつくり、互いにパスをしあって攻撃のチャンスを狙うオフェンスです。5人が協調して動くため、ディフェンスには負担が高くなります。

当時、NBAのブルズやレイカーズを式していたフィル・ジャクソンがこのトライアングルオフェンスを使って、何度もファイナルを制したのは有名です。

それでは、トライアングルオフェンスで使用する動きを練習メニューを紹介します。

1.カット

ボールをパスしたあとにゴール側にきれこむ動きを覚えます。両サイドに二人が立ち、パスをしたあとゴールに切れ込みます。再度、切れ込んだ選手にパスしてしてシュートまで持ち込みます。

パスしたプレーヤーは、カットしたところにスペースが出来るので、そこに移動します。意識する点としてはバスケはゴールに近づくことが一番怖いことなので、ゴールに向かって走りこむことです。

2.スクリーン

スクリーンを行い、味方をフリーにします。オフェンス三人にディフェンス三人がコートに立ち、ボールマン以外のメンバーがスクリーンをしあいフリーの選手をつくります。

フリーの選手にパスをしてそのままシュートをうちます。スクリーンをかけるプレーヤーは手を胸に当て手で相手を押さないようにし、スクリーン中は動かないように気をつけてください。

3.ピック&ロール

オフェンス二人とディフェンス二人がコートに立ち、ボールをもっていないプレーヤーがスクリーンに行きます。ボールマンはスクリーンを使ってゴールに切れ込みます。

一方スクリーンをしたプレーヤーのはスクリーンが成功したらゴール側に切れ込みます。ディフェンスがどのように動くかによって、どちらかのプレーヤーはフリーになるのでそのままシュートに行きます。

スクリーンをするプレーヤーはしっかりとディフェンスをひっかけたのを確認してから動くようにしてください。

4.まとめ

上記の動きをトライアングルオフェンスに組み合わせることによって、攻め方が無限に出てきます。

トライアングルはシステム上、選手同士が近いので、どうしてもスペースが空きずらくなります。狭いスペースでも1対1ができる力を身につけておきましょう。

またこれらの動きはバスケの基本的な動きなので、試合のどの場面でも使えます。必ず身に付けましょう。

  • バスケのオフェンスセットプレーの役割
  • バスケのオフェンスでの基本動作と練習
  • 初心者バスケのための攻め方
  • バスケをする際のオフェンスの初心者編
  • バスケのオフェンスで使うワンフォー
  • バスケのオフェンスに必要なメンタル
おすすめの記事
女子バスケのリバウンド
リバウンドを制するものはゲームを制すという言葉があるようにリバウンドはとても重要になってきます。 センターの人は、必ずリバウンドがとれるよう...
バスケのパスが上達するコツ
バスケの指導に関して、指導者が、注意しないとならない点をお話したいと思います。特に年代によっても指導方法があると思います。今回は、パスの指導...
バスケのオフェンスが上達するコツ
一口にオフェンスといっても沢山の種類があります。ここでは基本的な動作とその練習方法をお話します。 1.オフェンスで重要なこと バスケのオフェ...