バスケにはマンツーマンディフェンスの他にゾーンディフェンスという守り方があります。

マンツーマンディフェンスが人に対して守るのと違いゾーンディフェンスは持ち場を守るような形になります。

そのためマンツーマンと同じように攻めても攻略できないことが多くなります。

ゾーンオフェンスの場合は、ゾーンディフェンスの弱点をついて攻めることが大事になります。

スポンサーリンク


例えば、2-3ゾーンと呼ばれるゾーンディフェンスがありますが、インサイドは強くなる半面、アウトサイドは弱くなる傾向があります。

そのため、一旦インサイドにボールを入れてディフェンスをインサイド付近に集まったら、アウトサイドの選手がフリーになる確立が高くなり、アウトサイドシュートのシュートチャンスが増えます。

これらのゾーンオフェンスについての練習メニューについて紹介していきます。

1.ゾーンディフェンスの陣形を知る

バスケのゾーンディフェンスには必ず弱点があります。なので、各ゾーンにあった特性を知り弱点を知ることです。

座学になりますが、ゾーンディフェンスの特徴を知り攻め方を研究しましょう。試合中のビデオを見るなどで、デフェンスの強いところや弱点を探してみましょう。

2.実際にゾーンディフェンスをしてみる

ゾーンディフェンスの特徴を知ったあとは、実際に自分でディフェンスをしてみましょう。

ディフェンスが何を考えて守るのかを知ることで、ディフェンスの動きを予想することができてきます。

3.ひとつひとつの動きを確認しながら守る

動くスピードを遅くして、ひとつひとつの動きを確認しながら動きます。

ひとつひとつの動きでコート全体を見る事で、動きにどのような選択肢があるのか確認できます。

判断がうまく出来るようになってくれば、スピードを速めていくようにします。

4.あらかじめルールを決めて徹底する

バスケのゾーンディフェンスを攻略するためにはゾーンディフェンスの弱点をチーム間でしっかりと共有しましょう。

ビデオ等で実際のディフェンスしている所を確認して、ひとつひとつの状況判断をチーム全員で確認していきましょう。

ゾーンオフェンスはやみくもに攻めてもだめです。

チーム内でしっかりと攻略する方針を立てて練習メニューをこなしていきましょう。

またゾーンオフェンスではミドルシュートやロングシュートが打てると攻撃しやすくなる性質があるので、日々の練習でロングシュートやミドルシュートの精度を高めていきましょう。

  • バスケのオフェンスセットプレーの役割
  • バスケのオフェンスでの基本動作と練習
  • 初心者バスケのための攻め方
  • バスケをする際のオフェンスの初心者編
  • バスケのオフェンスで使うワンフォー
  • バスケのオフェンスに必要なメンタル
おすすめの記事
バスケのシュートが上達するコツ
バスケはシュート時に肘をよくつかいます。 もし痛みがある場合は、練習を続けても効果が低くなるので、練習を休みましょう。 肘の痛みが出る前に筋...
バスケのドリブルが上達するコツ
バスケのドリブルはボールを使って常に練習することが大事になります。 練習開始前のランニングをするときもボールを使って練習をしましょう。 今回...