バスケのオフェンスのセットプレートは、どんな場面で、どのようにつかわれているのでしょうか。セットプレーの種類も含めてお話したいと思います。

1.セットプレーの役割

本来バスケにおいて、オフェンスのセットプレーをする時間よりも流れの中の動きで、得点を獲得していくことが多いスポーツでも有ります。

バスケに、オフェンスセットプレーを組み込むには、意味があります。その意味を考えて見ましょう。

スポンサーリンク


第一にセットプレーを行い、この場面で必ず得点をしていきたい場合です。これは、拮抗した場面で、どうしても点数をもぎ取りたいときに、行ったりします。

第二に今までのオフェンス方法を一旦停めて、オフェンスにセットプレーで変化を与えたいときです。これは、ハイペースになっている試合の流れをきりたいとき等に、よく使用されたりもします。

あくまで、最後は得点につなげるためのオフェンスセットプレーです。

後は、相手のディフェンスに1箇所弱点が、生まれていることに気づき、そこを中心にオフェンスセットプレーで得点を稼いでいくときに使います。

これは、どのスポーツでもあることと思います。バスケにおいてのオフェンスセットプレーの基本的な役割と思います。

セットプレーは、試合に出る人だけでなく、チームの全員が、把握して上達して習得しておく必要があります。何故なら、チーム全体で一つの動きをするからです。

全員が上達して使用できないと、プレーのすべてが、台無しになることが多いからです。

2.セットプレーの種類

実は、種類と書きましたが、現時点では、バスケのオフェンスのセットプレーは、無限大にあると考えて構いません。従いまして少しだけですが種類をお話します。

通常オフェンスのセットプレーでは、モーションからのオフェンスセットプレーが有ります。一定の動きを、全員が覚えて、その動きの中から、ボールをまわしてシュートにつなげるものです。

もう一つは、3Pシューターのマークを外して、ノーマークでシュートを打たせるための、オフェンスセットプレーがあります。

両ウイングが、同時に動いてブラインドパスからのオフェンスセットプレー等が、有ります。

エンドボールからのオフェンスセットプレーも沢山種類が、御座います。

バスケにおいてオフェンスのセットプレーは、本当に多種多様に御座います。

ただ、一つだけいえるのは、沢山チームとして種類を持つことは、重要では有ります。しかしながら、誰かがミスをすると、そのオフェンスセットプレーは、すべてが台無しになることが多いです。

種類も必要ですが、バスケでは、全員がきちんと上達してから、違うオフェンスのセットプレーを覚えていくと言う、積み重ねが大事です。

不完全な状態で、オフェンスセットプレーをするということは、セットプレーの役割を見失いバスケの試合にも影響します。

必ず、全員で習得して上達して行く必要があるプレーです。

  • バスケのオフェンスセットプレーの役割
  • バスケのオフェンスでの基本動作と練習
  • 初心者バスケのための攻め方
  • バスケをする際のオフェンスの初心者編
  • バスケのオフェンスで使うワンフォー
  • バスケのオフェンスに必要なメンタル
おすすめの記事
バスケのオフェンスが上達するコツ
バスケのオフェンスにはボール運びが不可欠です。 ボールを運べないとシュートまでいけないために、最低条件になります。 今回はバスケのオフェンス...
バスケのシュートが上達するコツ
バスケのフリースローとは、一体どういうものか、きちんと決めるにはどうしたら良いかというお話をしたいと思います。 1.フリースローとは バスケ...
バスケのシュートが上達するコツ
最近特にルーティンという言葉をよく耳にします。実は、昔から有る動作ですが、これを行うことで、フリースローに取って、良い部分をお話します。 1...