バスケのオフェンスはシュートの成功率が高いボックスエリア内でシュートを打つかがポイントになります。

今回はバスケのボックスエリアでのシュートの練習メニューを紹介していきます。

1.ミートシュート

ボールを持つときにキチンと止まる練習です。フリースローラインの両サイドに並び片方の選手が中央に走りボールをもらいます。

ボールを貰う前にすこしジャンプしてキャッチするジャンプミートをしてボールを貰ったら、キチンと両足で着地して、体が流れないようにしっかりと体を止めます。

スポンサーリンク


キチンと止まったらそのままジャンプシュートを放ちます。

着地するときにリング側を向いていないと体をよじってジャンプする必要が出てくるので、必ず着地するときにはリング側を向くように意識しましょう。

2.ミートからのドリブル後のジャンプシュート

今度もミートシュートと同じようにフリースローラインの両サイドに並びます。

ミートシュートと同じようにジャンプミートでパスを貰ったら、今度は一回ドリブルして左右どちらかに移動してからシュートします。

シュート時も同じように両足でキチンとドリブル時のスピードをきちんと止めてシュートを放ちます。

こちらもジャンプミートするときは着地するときにリング側を向いていないと体をよじってドリブルする必要が出てくるので、必ず着地するときにはリング側を向くように意識しましょう。

3.ドライブからのジャンプシュート

フリースローラインの両サイドに並びます。

ミートシュートと同じようにジャンプミートでパスを貰ったら、今度は一回ドリブルして左右どちらかに移動してからシュートします。シュート時も同じように両足でキチンとドリブル時のスピードをきちんと止めてシュートを放ちます。

こちらもジャンプミートするときは着地するときにリング側を向いていないと体をよじってドリブルする必要が出てくるので、必ず着地するときにはリング側を向くように意識しましょう。

4.ギャロップステップを使う

ギャロップステップは片足をつけた状態でボールを保持し、そのまま片足を離します。

その後両足で着地しその後シュートを放ちます。一見トラベリングに見えますが、片足着地も両足着地も同じ一歩になるため、トラベリングにはなりません。

ただし、オフェンスはピボットをしてしまうとトラベリングになります。また大きくジャンプしすぎてもトラベリングになる事があるので気をつけましょう。

このようにバスケのオフェンス時にはボックスエリア内でシュートを打つチャンスをどれだけ作れるかがポイントになるので、練習メニューを頑張って続けましょう。

  • バスケのオフェンスセットプレーの役割
  • バスケのオフェンスでの基本動作と練習
  • 初心者バスケのための攻め方
  • バスケをする際のオフェンスの初心者編
  • バスケのオフェンスで使うワンフォー
  • バスケのオフェンスに必要なメンタル
おすすめの記事
バスケのハンドリングが上達するコツ
バスケのボールには縫い目があるのはご存知でしょうか? 縫い目の使い方によってはシュート時にボールに回転がかかっているかがわかるようになります...
バスケの基礎知識とルール
バスケは、実は体育館だけでなく外でも出来るスポーツです。今回は、バスケリングが公園にあったり、外にコート自体が合ったりしたときの初心者の方の...
バスケが上達するトレーニング法
バスケは瞬間的に進行方向を変えたり、ジャンプしたりするので、瞬発力のトレーニングが必要になります。 今回はバスケの瞬発力を鍛える練習メニュー...