今回はバスケのハンドリングの重要性について紹介していきます。

バスケを始めたばかりの方はハンドリングの重要性をまだ理解できていないかもしれませんが、バスケ初心者はそもそもボールハンドリングが出来ていない事が多いのです。

ボールハンドリングが出来ていない状態ではドリブルは上達しません。ドリブル中はボールをついてボールが跳ね返る位置に手を動かしてという動作を繰り返します。

スポンサーリンク


常にボールをハンドリングの力が必要になってくるのです。それではバスケのハンドリングが向上する練習メニューを紹介していきます。

1.巻き込みキャッチ

ボールを片手で巻き込んでのキャッチの練習です。

ボールを両手で胸の中心に持ちます。ボールごと持ち上げて片手を上げて、最高点に達したらリバウンドのようにボールを巻き込むように胸の位置に戻して両手でキャッチします。

戻すスピードはできるだけ速く力強くしてください。両手でキャッチするときは力を込めて、相手チームの選手からはたきおとされないようにしてください。

キャッチし終わったら、ディフェンスからボールを取られないようにディフェンスからボールを守るような姿勢をとります。

2.ボール転がしてキャッチ

ボールを両手でキャッチする練習です。ボールに回転をかけて自分の少し目の前に投げます、回転して跳ね返ったボールを、ジャンプしながら投げます。

回転がかかっているので、キャッチしたときに手からこぼれ落ちないように気をつけてください。ボールの回転が目で追えるとさらにいいです。

キャッチした後は必ずディフェンスからボールを守る姿勢をとってください。回転をかける方向や強さによって、キャッチの難しさが変わってくるので、いろいろ試してみてください。

3.対面キャッチ

実際に相手からのパスをキャッチする練習です。二人組になって、ボールを一つ持ちます。片方が相手に向かってボールを投げます。

投げられた方は、ジャンプしてキャッチします。着地するときは、パスをするための体勢に入るために、片足をすこし前に出すような形にしましょう。

ルーズボールに対する執着心の練習にもなるので、投げる方はできるだけ手が届きにくい箇所に投げるようにしてください。

ボールが着地するまでにキャッチするなど、ルールを加えるとより練習効果が高くなります。このようにバスケのハンドリングの重要性が伝わったでしょうか。

まだバスケを始めたばかりの時はシュート練習よりもまず、ハンドリング技術を身に付けるように練習メニューをこなしていきましょう。

  • バスケのハンドリング向上ってそんなに大事なの?
  • バスケ初心者に必要不可欠なハンドリング練習
  • バスケのボールの縫い目の使い方
  • バスケのハンドリングで行う筋トレ
  • バスケのハンドリング力が必要なフリップ
  • バスケの左手を鍛えるハンドリング
おすすめの記事
バスケが上達するトレーニング法
バスケは瞬間的に進行方向を変えたり、ジャンプしたりするので、瞬発力のトレーニングが必要になります。 今回はバスケの瞬発力を鍛える練習メニュー...
バスケのシュートが上達するコツ
バスケを習い始めて覚えるのがレイアップシュートです。このレイアップシュートは、実は1番得点できる確率の高いシュートです。今回は、ここのお話を...