今回は初心者のためのハンドリング上達方向について紹介していきます。

まだバスケを始めたばかりの方はボールを見ないで、ボールを扱うことは難しいことだと思います。

バスケのボールハンドリングで重要なことはボールを見ないことです。ボールを見ないということは手先の感覚がとても大事になってきます。ボールを手のひらだけで持つのではなく、指をひらいて指でもしっかりともちます。

スポンサーリンク


ボールを扱うときに手にしっかりと触れていればコントロールしやすくなります。

またボールは体の中心から離れれば離れるほどコントロールが難しくなります。体から遠いところでもコントロールを失わないようにしていく必要があります。

今回はバスケの代表的なボールハンドリングの練習メニューについていくつかの種類を紹介します。

1.前後キャッチ

前後キャッチは中腰になって股の下にボールを構えます。ボールを離したら、今度はお尻の後ろから手をだしてキャッチします。キャッチしたら今度はまたもとの位置でキャッチします。

コツはボールを離すときにすこしボールを持ち上げる事で、手を移動する時は素早く移動させてください。

2.クロスキャッチ

クロスキャッチは前後キャッチと似ていますが、キャッチする手を前とお尻の後ろから手を伸ばしてキャッチします。

こちらもコツはボールを離すときにすこしボールを持ち上げるようにして、手の移動は素早くしてください。

3.手たたき

手たたきは上記の前後キャッチとクロスキャッチのボールを離す動作時に一回手をたたいたからキャッチする動作に入ります。

大きめにボールを持ち上げて手をたたくためにさらに手を素早く動かす必要がでてくるので練習しましょう。

4.背面キャッチ

ボールを胸の前に持って、ボールを上に投げて背中でキャッチします。背中でキャッチが出来たら、今度は胸でキャッチ出来るように上に投げます。ボールの着地点を予測してキャッチが必要になります。

いくつかの種類のボールハンドリングを紹介しましたが、必ず前をみて練習するようにしましょう。間違ったフォームではいつまでも上達しません。常にフォームを意識しましょう。

バスケのハンドリングは反復練習によって備わるものです。ハンドリングの練習方法は自分一人でも出来る練習ばかりです。

ちょっとしたあき時間でもいいので、練習をするようにすると、1年もすれば相当な時間練習したことになります。

ハンドリング上達はバスケ上達の第一歩だと思って、しっかり練習メニューをこなしていきましょう。

  • バスケのハンドリング向上ってそんなに大事なの?
  • バスケ初心者に必要不可欠なハンドリング練習
  • バスケのボールの縫い目の使い方
  • バスケのハンドリングで行う筋トレ
  • バスケのハンドリング力が必要なフリップ
  • バスケの左手を鍛えるハンドリング
おすすめの記事
バスケのオフェンスが上達するコツ
バスケのオフェンスにはメンタルが必要になります。 試合終盤にシュートを決める必要がある場合、技術よりもメンタルが左右する場合が多いからです。...
女子バスケのフットワーク
フットワークは、色んな種類があります。 オフェンスフットワークやディフェンスフットワーク様々なフットワークがあります。 様々なフットワークを...
バスケのオフェンスが上達するコツ
一口にオフェンスといっても沢山の種類があります。ここでは基本的な動作とその練習方法をお話します。 1.オフェンスで重要なこと バスケのオフェ...