バスケのドリブルをつく力が弱くて勢いのないドリブルで、悩んでいませんか?

バスケのドリブルは強くつくことが必須です。

そのためには腕の力や握力が必要になります。

握力をつけることによって、ドリブルは力強いものになるでしょう。

今回は、バスケのドリブルに必要な腕の力や握力を強化するための練習メニューについて紹介していきます。

1.腕立て伏せ

上半身の筋肉を鍛えるためには、腕立て伏せが一番です。

スポンサーリンク


両手の間隔を広げると胸の筋肉、狭めると腕の筋肉を鍛えることができます。

2.指立て伏せ

指の筋肉を鍛えるための練習です。

指の感覚を狭めることによって、負荷を高めることができます。

3.拳立て

拳を握って腕立て伏せをします。

手首の筋肉鍛えることができます。

4.懸垂

鉄棒にぶら下がって、懸垂をすることで、肩や腕など上半身全体の筋肉を鍛えることができます。

5.重いボールを使う

普段使っているボールよりも重いボールを使ってシュート練習をすることで、普段使っているボールでのシュートが軽い力で感じるようになります。

6.ボールに回転をかける

仰向けに寝た状態で、シュートフォームをとり真上にシュートを放ちます。

シュートを打つときに、手首のスナップと指の使い方について意識して練習します。

真上にシュートしたあと、正確にまっすぐ投げることができれば同じ位置にボールが戻って来ますが、すこしでも斜めに打ってしまうと、同じところにボールが戻ってきません。

7.握力を鍛える

握力を鍛えることで、ボールにスナップをかけることが出来るようになり、飛距離を伸ばすことができます。

握力を鍛える一番簡単な方法はハンドクリップを使うことです。

100均でも打っているので簡単に道具をそろえることが出来ると思います。

出来るだけ固いものを選ぶようにしましょう。

8.握力を鍛える

握力を鍛えることで、ボールにスナップをかけることが出来るようになり、飛距離を伸ばすことができます。

握力を鍛える一番簡単な方法はハンドクリップを使うことです。

100均でも打っているので簡単に道具をそろえることが出来ると思います。

出来るだけ固いものを選ぶようにしましょう。

今回の練習メニューでバスケのシュートの飛距離が飛躍的に伸びてきます。

試合で自信をもってシュートが打てるように、練習に励みましょう。

これらのバスケの練習メニューで握力は確実についていくでしょう。

  • 初心者バスケでのセンター上達方法
  • バスケの視野を広げるトレーニング
  • バスケの瞬発力を鍛えるトレーニング
  • バスケが上達するプールトレーニング
  • バスケの脚力トレーニング
  • バスケのハンドリングで行う筋トレ
おすすめの記事
バスケのハンドリングが上達するコツ
バスケのボールには縫い目があるのはご存知でしょうか? 縫い目の使い方によってはシュート時にボールに回転がかかっているかがわかるようになります...
バスケの基礎知識とルール
バスケを初心者から社会人で始めるのは、結構勇気がいると思います。せっかく勇気を出して始めるのですがら嫌にならずに上達してほしいと思います。 ...
バスケが上達するトレーニング法
バスケは体力勝負なところがあるのでトレーニングよるスタミナ増強が欠かせません。 今回はバスケのスタミナを増強するための練習メニューを紹介して...