オフェンスでは、シュートやパスが必ず必要です。

シュートやパスには、必ず回転がかかっています。

シュートやパスは、しっかりできるようになっておかないといけません。

回転が’かかっていないと取りにくいのと勢いがなくてディフェンスにカットされる恐れがあります。

女子バスケに多いのは、パスやシュートの時に回転がかかっていないことです。

しっかり手首のスナップをつかって回転をかけるように心掛けましょう。

スポンサーリンク


日頃から練習をしていれば上達していきます。

練習をおこたらないように頑張ってやっていきましょう。

今回は、シュートに回転がかからない理由を紹介していきたいと思います。

1.シュートの基礎をおさえる

シュート回転をかけるには、基本的なシュートができなければいけません。

なお、シュートフォームがバラバラでも、シュートに回転をかけることができません。

しっかりシュートフォームからおそわっていきましょう。

女子バスケに多いのは、自己流でシュートフォームがバラバラになりシュートフォームがおかしい人がいます。

見よう見まねではなく、しっかりシュートフォームを教わりましょう。

シュートフォームを教わっているのと教わっていないのでは、すごく差がついてきます。

上達するためにもちゃんとシュートフォームは教わりましょう。

2.シュートフォームを意識する

シュートするには、シュートフォームがバラバラだとシュートがなかなかはいりません。

まずは、リングを狙ってシュートを打ちましょう。

その時に、腕は頬に当たるくらい手をあげしましょう。

手首のスナップをつかうと回転がかけることができます。

女子バスケに多いのは、手首のスナップがうまく使えていないことです。

うまく手首のスナップが使えていないときれいに回転しません。

注意してやっていきましょう。

上達してきたら、距離を伸ばして練習をおこなっていきましょう。

距離を伸ばすと届かせようとして腕だけでシュートをする人がいます。

腕だけでシュートをしても届きません。

しっかり足も使って一連の動作が出来るようになりましょう。

一連の動作が出来れば距離を伸ばしてもシュートはリングに届きます。

3.まとめ

日頃から意識をしていないとなかなか上達することはありません。

しっかり意識をして練習をおこないましょう。

日々の練習が結果に繋がってきます。

試合で通用のできるプレイヤーになれます。

練習をおこたらないように頑張ってやっていきましょう。

  • レイアップの打ち方とコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • セットシュートのやり方と上達するコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • ロングシュートの投げ方とコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • ゴール下でのシュートの打ち方と上達するコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • 女子バスケのシュートフェイクの使い方と練習法
  • シュート時の足の使い方・膝の使い方/女子バスケが上達する練習メニュー
おすすめの記事
バスケのオフェンスが上達するコツ
一口にオフェンスといっても沢山の種類があります。ここでは基本的な動作とその練習方法をお話します。 1.オフェンスで重要なこと バスケのオフェ...
バスケのオフェンスが上達するコツ
初心者バスケの攻め方や、陥りがちな攻め方をお話します。上手に攻めて少しでも得点アップしましょう。 1.攻め方(オフェンス)でおちいりがちなこ...