シュート時は、一連の動作ができていないといけません。

一連の動作とは、足と膝と腕と手首がちゃんと使えていることです。

女子バスケに多いのは、膝が使えていないことです。

膝が使えていないと、シュートはできません。

しっかり膝を使えるようになりましょう。

膝が使えるようになって一連の動作が出来るように練習をして上達していきましょう。

スポンサーリンク


今回は、シュート時の足の使い方と膝の使い方について紹介していきたいと思います。

1.シュートの基礎をおさえる

シュートフォームがバラバラだと一連の動作が出来ずに、うまくシュートが打てません。

女子バスケに多いのは、一連の動作ができていないことです。

うまく膝が使えていないとシュートをするときに力が伝わらずに、飛距離が伸びなったりします。

しっかり一連の動作ができるように基礎から練習をおこないましょう。

2.足と膝の使い方

シュートを打つときは、足首と膝と体全体をつかいます。

足首が固いと足をうまく使うことができません。

女子バスケに多いのは、足首が固いことです。

足首が固いとうまく力が伝わらずに、うまくシュートが打てません。

しっかり足首を柔らかくして使えるようになりましょう。

膝をつかうには、足が使えていないといけません。

足がつけるようになったら、膝を使えるようにしましょう。

膝をちゃんと曲げるようにしましょう。

女子バスケに多いのは、膝が伸びきっていることです。

しっかり膝を曲げないとシュートは届きません。

シュートの飛距離を伸ばすためにも膝を使えるようにしましょう。

3.まとめ

シュートフォームがバラバラだと一連の動作ができないということです。

足と膝がつかえて尚且つ、手も使えていないといけません。

全てがちゃんと使えて一連の動作ができるようになってきます。

日頃から意識をして練習をおこないましょう。

お互いに注意を指摘しあって、上達していきましょう。

日々の練習が必ず結果に繋がってきます。

練習をおこたらないように頑張ってやっていきましょう。

  • レイアップの打ち方とコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • セットシュートのやり方と上達するコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • ロングシュートの投げ方とコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • ゴール下でのシュートの打ち方と上達するコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • 女子バスケのシュートフェイクの使い方と練習法
  • シュート時の足の使い方・膝の使い方/女子バスケが上達する練習メニュー
おすすめの記事
バスケのシュートが上達するコツ
今回はバスケの両手シュートについて紹介していきます。バスケの両手シュートは力が弱くワンハンドシュートのようにリングまでボールが届かない場合に...
バスケのドリブルが上達するコツ
バスケのドリブルはボールを使って常に練習することが大事になります。 練習開始前のランニングをするときもボールを使って練習をしましょう。 今回...
バスケが上達するトレーニング法
サーキットトレーニングとは決められた練習メニューを反復して行うことで、少ない時間でも毎日繰り返すことでバスケの練習効果をあげることが出来ます...
バスケのオフェンスが上達するコツ
バスケのオフェンスにはメンタルが必要になります。 試合終盤にシュートを決める必要がある場合、技術よりもメンタルが左右する場合が多いからです。...