シュートフェイクをするには、シュートの構えがちゃんとできていなければいけません。

しっかりシュートの構えをして、シュートフェイクをしてディフェンスにシュートを打つと思わせられるようにしましょう。

ディフェンスがシュートを打つと思ってシュートフェイクに引っ掛かれば、シュートフェイク成功です。

女子バスケに多いのは、シュートフェイクが大袈裟下でディフェンスにわかりやすいことです。

スポンサーリンク


ディフェンスにばれないようにシュートフェイクをおこなえるように日々の練習をして上達していきましょう。

今回は、シュートフェイクの使い方いついて紹介していきたいと思います。

1.シュートの構えをしっかり

シュートの構えができていないとシュートはできませんし、シュートフェイクもなおさら出来ません。

シュートの構えをしっかり練習しておきましょう。

シュートの構えが出来たら、シュートフェイクも出来るようになります。
日々の練習をおこたらないように頑張ってやっていきましょう。

2.フェイクの使い方

シュートフェイクは、シュートを打つとみせかけて相手を引き寄せます。

オフェンスがシュートを打つと思って、ディフェンスはジャンプをします。

ジャンプをした隙に、オフェンスはドリブルなどをつかって抜いたりします。

シュートフェイクは、相手を騙せないといけません。

女子バスケに多いのは、シュートフェイクが大袈裟過ぎて、次の行動に移るにが遅いことです。

シュートフェイクを大袈裟にすることによってディフェンスは守りやすくなります。

しっかりディフェンスを騙せるように日々の練習をおこたらないようにしておきましょう。

3.まとめ

シュートフェイクは、膝を曲げて、腕だけ動かしておこないます。

女子バスケに多いのは、シュートフェイクするときに、膝が伸びきっていることです。

膝が伸びきっていると次の動作が遅くなります。

膝が伸びきって、シュートフェイクをしてもディフェンスはフェイクに引っ掛かりません。

ディフェンスが守りやすくなります。

膝は、曲げたままシュートフェイクをしましょう。

膝を曲げたままだと次の動作が速くおこなえます。

常日頃から意識をして練習をおこたらないように頑張ってやっていきましょう。

練習をすれば、きっと上達します。

日々の努力が結果に必ず繋がってきます。

試合で通用出来るようにも、チームで、意識をしてみんなで注意を指摘しあって、チームみんなで上達していきましょう。

  • レイアップの打ち方とコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • セットシュートのやり方と上達するコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • ロングシュートの投げ方とコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • ゴール下でのシュートの打ち方と上達するコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • 女子バスケのシュートフェイクの使い方と練習法
  • シュート時の足の使い方・膝の使い方/女子バスケが上達する練習メニュー
おすすめの記事
バスケのシュートが上達するコツ
バスケを習い始めて覚えるのがレイアップシュートです。このレイアップシュートは、実は1番得点できる確率の高いシュートです。今回は、ここのお話を...
バスケのパスが上達するコツ
バスケのパスは肘の使い方によって、速いパスが出来るか変わってきます。 例えばチェストパスなどは、パスをだす際に肘を大きく曲げると思いますが、...
バスケのディフェンスが上達するコツ
バスケのディフェンスの役割をマンツーマンディフェンスとゾーンディフェンスの二点からお話したいと思います。 1.マンツーマンディフェンスの役割...
バスケのオフェンスが上達するコツ
バスケにはマンツーマンディフェンスの他にゾーンディフェンスという守り方があります。 マンツーマンディフェンスが人に対して守るのと違いゾーンデ...
バスケのリバウンドが上達するコツ
バスケのリバウンドはより高くジャンプするためにジャンプ力が必要です。 リバウンドはポジショニングが重要なのですが、ポジショニング力が互角の場...