パスやシュートには、飛距離が必要です。

シュートの飛距離を伸ばさないとロングシュートは打てません。

腕だけでシュートをするのではなく、足もちゃんと使ってシュートをしましょう。

足が使えて腕も使えるようになったら、一連の動作が出来るようになりシュートの飛距離が伸びます。

女子バスケに多いのは、腕だけでシュートを打とうとするところです。

腕でだけでシュートを打っても届きません。

ちゃんと腕と足を使って一連の動作ができるようになりましょう。

スポンサーリンク


今回は、シュートの飛距離について紹介していきたいと思います。

1.シュートの基礎をおさえる

シュートの飛距離を伸ばすには、基本的なシュートができなければいけません。

シュートを打つときは、体全体をつかいます。

足をつかい膝をつかい腕でを使います。

この動きがちゃんと出来たら、一連の動作ができます。

女子バスケに多いのは、膝を使わずに腕だけでシュートを打っていることです。

ちゃんと膝を使い手首のスナップをつかってシュートを打つ練習をおこないましょう。

最初は、距離を短くして慣れてきたら、だんだん距離を伸ばしてシュート練習をおこないましょう。

上達すれば、ロングシュート(スリーポイント)が打つことができ届くようになります。

2.トレーニングをおこなう

トレーニングをしてちゃんと筋力をつけておきましょう。

筋力がないとシュートは届きません。

筋力だけがあってもシュートは届きません。

足を使っても手首のスナップが出来たとしても多少の筋力がないとシュートの飛距離は伸びません。

しっかり日頃の練習からトレーニングをおこたらないようにして筋力をつけておきましょう。

女子バスケに多いのは、トレーニングをなかなかやらないことです。

トレーニングをやらないと筋力はつきません。

一人でトレーニングできるのもあるので、しっかりおこなっていきましょう。

腕立て伏せや背筋や腹筋、スクワットなど、一人でトレーニングするメニューはたくさんあります。

3.まとめ

シュートの飛距離を急に伸ばしても届くとは限りません。

ちゃんとシュートを打つ一連の動作が出来なければなりません。

日頃から、しっかり練習をして上達していきましょう。

常日頃から、練習をおこたらないように頑張ってやっていきましょう。

努力をすれば、必ず結果に繋がってきます。

結果に繋がるということは、試合で勝つということです。

しっかり意識をして、チームでお互いに注意を指摘しあって上達していきましょう。

  • レイアップの打ち方とコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • セットシュートのやり方と上達するコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • ロングシュートの投げ方とコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • ゴール下でのシュートの打ち方と上達するコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • 女子バスケのシュートフェイクの使い方と練習法
  • シュート時の足の使い方・膝の使い方/女子バスケが上達する練習メニュー
おすすめの記事
バスケのディフェンスが上達するコツ
今回はバスケのディフェンスで使用するトラップについて紹介していきます。 トラップは、オフェンスをライン際などに追い込み、ダブルチームなどで、...
バスケのドリブルが上達するコツ
バスケをしている人なら、スピードのない選手でも、ドリブルで抜くところを見たことがあると思います。 なぜ、スピードがなくてもディフェンスを抜け...
バスケのハンドリングが上達するコツ
ドリブル・シュート・パス、ボールキャッチ、すべての種類の動作にはボールを扱うハンドリングが必要になります。 バスケのボールハンドリングで重要...
バスケのリバウンドが上達するコツ
バスケのオフェンスリバウンドは、なぜ重要かということと、オフェンスリバウンドのとり方に関してお話いたします。 1.なんでオフェンスリバウンド...
バスケのディフェンスが上達するコツ
バスケのディフェンスではスティールと呼ばれる技があります。 オフェンスのボールに手を出して奪いとる技のことですが、スティールをするためには、...