セットシュートは、基本的なシュートになります。

基本的なシュートが出来なければ、他のシュートを打つことができません。

しっかりセットシュートができるようになりましょう。

女子バスケに多いのは、基本的なシュートをせずに色んなシュートの練習をしていることです。

ちゃんとセットシュートができるように練習をして上達していきましょう。

セットシュートが出来るようになってから、他のシュートを覚えていきましょう。

スポンサーリンク


今回は、セットシュートのやり方について紹介していきたいと思います。

1.シュートの基礎をおさえる

セットシュートは、基本的なシュートになります。

しっかり基本的なシュートをおぼえておきましょう。

日頃から基本的なシュートの練習するのを取り入れておきましょう。

セットシュートは、初心者でも一番最初に教わるシュートです。

ちゃんと教わって上達していきましょう。

ボールに回転をかけて手首のスナップを使えるようにしておきましょう。

2.セットシュートのやり方

セットシュートは、初心者でもできるシュートになっています。

まずは、パスをもらいそのままシュートを打つことをセットシュートといいます。

ステップをせずにシュートを打ちましょう。

ちゃんと回転がかかっているか、手首のスナップは使えているかを確認をして練習をおこないましょう。

女子バスケに多いのは、ステップをしてしまうことです。

最初は、ステップをせずにボールをもらったら、そのままシュートを打てるようになりましょう。

3.まとめ

セットシュートは、練習をすれば誰にでもできるシュートになっています。

女子バスケや男子バスケでもセットシュートは、最初に教わります。

肝心なシュートなのでしっかり練習をおこなっていきましょう。

日頃からセットシュートが出来るようになったら、色んなシュートを覚える事ができます。

色んなシュートを覚えたら、色んなところからシュートが打つことができ幅広くプレーすることが出来るようになります。

色んなところからシュートを打てるようになるには、日頃から練習が必要です。

日々の練習をおこたらないように頑張ってやっていきましょう。

練習をおこたらなければ、必ず結果に繋がってきます。

結果に繋がるということは、試合で通用できるようになるということです。

日頃から、チームで意識をしてみんなで指摘しあってチーム全体で上達していきましょう。

  • レイアップの打ち方とコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • セットシュートのやり方と上達するコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • ロングシュートの投げ方とコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • ゴール下でのシュートの打ち方と上達するコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • 女子バスケのシュートフェイクの使い方と練習法
  • シュート時の足の使い方・膝の使い方/女子バスケが上達する練習メニュー
おすすめの記事
バスケのパスが上達するコツ
バスケはいかにノーマークを作ってシュートを放つことができるかで、シュートの決定率が違ってきます。いかにノーマークを作りだし、ノーマークにパス...
バスケが上達するトレーニング法
バスケのトレーニングは体育館以外でも出来ます。 プールでのトレーニングをすると水の抵抗があるため、普段使わない筋肉をつかうことで瞬発力などを...
バスケが上達するトレーニング法
サーキットトレーニングとは決められた練習メニューを反復して行うことで、少ない時間でも毎日繰り返すことでバスケの練習効果をあげることが出来ます...