リバウンドは、初心者でも誰にでもできるようになっておきましょう。

しっかり練習をしていれば上達もしていき飛び込みリバウンドまで出来るようになります。

リバウンドのコツは、タイミングがあっていなければなりません。

女子バスケに多いのは、リバウンドのタイミングがあっていないことです。

しっかりタイミングをあわせてリバウンドがとれるようになりましょう。

今回は、初心者でもできるリバウンドのコツについて紹介していきたいと思います。

1.リバウンドとは

オフェンスリバウンドとディフェンスリバウンドがあります。

リバウンドを制するものはゲームを制すという言葉があるようにリバウンドはとても大事になってきます。

リバウンドは試合を左右する恐れがあるということです。

女子バスケに多いのは、リバウンドがなかなかとれていないことです。

リバウンドをとれるようにしっかりスクリーンアウトをしておきましょう。

スクリーンアウトをしていないと相手の方が身長が大きいとリバウンドを取られてしまうからです。

スクリーンアウトが出来ていれば相手の方が身長が大きくてもリバウンドが取る事ができます。

2.トレーニングをおこたらない

トレーニングをしていないとリバウンドをとるときに相手とぶつかってしまい、ふらついてリバウンドがとれないことが多いです。

女子バスケにも体感がなくふらついてしまうことが多いです。

しっかり体感を鍛えておきましょう。

体感があれば相手とぶつかってしまってもふらつくことがなく、リバウンドがとることができます。

体感があれば相手が体格が大きくてぶつかったとしてもふらつくことなくリバウンドが取れるようになります。

日々の練習からトレーニングをしておきましょう。

3.まとめ

初心者や女子バスケでもリバウンドができるようになるには、練習が必要です。

練習方法は、ボードにボールを当てて空中でボールがとれるようになりましょう。

この練習ができタイミングが分かってきたら、ゴール下でのリバウンドや飛び込みリバウンドが出来るようになってきます。

努力をすれば必ず報われます。

日々の練習が必ず結果に繋がってきます。

チームで意識をしてみんなで指摘しあってチームみんなで上達していきましょう。

試合で通用できるように、日頃から練習をおこたらないように頑張ってやっていきましょう。

  • 女子バスケのリバウンドの重要性
  • 女子バスケでリバウンドを成功させるための筋トレとは?
  • 初心者のためのリバウンドのコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
おすすめの記事
バスケのドリブルが上達するコツ
一言で抜き方と聞いて、多分ドリブルでの抜き方を想像するかもしれません。勿論ドリブルでも抜き方はあります。でも実はそれ以外にもバスケにおいては...