スポーツをする上で、敏捷性と瞬発力はとても大事になってきます。

1対1の場面では相手よりもスピードで出し抜く必要があるので、敏捷性や瞬発力があればあるほど、効果的になります。

日頃からの練習でフットワークなどをおこなって、敏捷性や瞬発力をつけておきましょう。

女子バスケに多いのは、敏捷性がない人が多いです。

しっかり練習をして上達していきましょう。

今回は、バスケに必要な敏捷性と瞬発力について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


1.フットワークをこなす

敏捷性や瞬発力をつけるには、フットワークをすることが一番です。

サイドステップなどのつま先のなどを使い方がうまくなるように練習をとりいれておきましょう。

普段の練習メニューから敏捷性や瞬発力をつけれるようにスピードの緩急を取り入れて練習しましょう。

女子バスケには、瞬発力がない人がいます。

しっかり練習をして敏捷性と瞬発力をつけておきましょう。

2.敏捷性と瞬発力を鍛えるためには

トレーニングでも敏捷性と瞬発力をつけることができます。

トレーニングをすることによって、敏捷性と瞬発力がつきやすくなります。

ダッシュ&ストップの練習をとりいれておきましょう。

バスケは試合中にトップスピードから急に止まったり、または止まった状態からトップスピードで走る必要があります。

ダッシュ&ストップは、ランダムの時間間隔でラン(中程度のスピード)とダッシュ(全力のスピード)をくりかえします。

止まるときは出来るだけ早く止まるようにします。

最高速度から急に止まるのは実はかなりの筋力をつかうので、止まる時間が短くして、ダッシュとストップの間隔を短くすることで運動強度を高くすることができます。

日頃からトレーニングとフットワークの練習をおこたらないように頑張ってやっていきましょう。

女子バスケにも男子バスケでもトレーニングをおこたっているところがあります。

トレーニングをちゃんとやっていないと試合で通用しないときがあります。

ちゃんと練習をしておきましょう。

3.まとめ

敏捷性と瞬発力をつけることによって、幅広くプレーが出来るようになったり、攻守の切りかえが速くできたりします。

そのためにも日頃から練習をおこたらないようにしておきましょう。

女子バスケに多いのは、攻守の切りかえが遅いことです。

攻守の切りかえが遅いと相手にやられたりします。

しっかり日々の練習が必ず結果に繋がってきます。

試合で通用出来るようにも、チームで意識をしてみんなで指摘しあって上達していきましょう。

  • 女子バスケで大切なとっさの判断力を鍛えるトレーニング法
  • 女子バスケで必要な敏捷性や瞬発力を鍛えるトレーニング法
おすすめの記事
バスケのシュートが上達するコツ
バスケのフリースローとは、一体どういうものか、きちんと決めるにはどうしたら良いかというお話をしたいと思います。 1.フリースローとは バスケ...
バスケのオフェンスが上達するコツ
バスケにはマンツーマンディフェンスの他にゾーンディフェンスという守り方があります。 マンツーマンディフェンスが人に対して守るのと違いゾーンデ...
バスケのディフェンスが上達するコツ
今回はバスケのシェルディフェンスの基本について紹介していきます。 シェルディフェンスとはカバーを徹底して、貝殻が閉じるようにディフェンスを固...
バスケの基礎知識とルール
実は、経験者でも難しいファール。ここでは、初心者が起こしがちなファールと帽子方法をご紹介します。 1.ファールとはなんでしょう バスケは、基...