トライアングルオフェンスとは、パス回しができないといけません。

しっかり練習をしてパス回しが出来るようになっておきましょう。

女子バスケに多いのは、パス回しが同じ方向ばかりということです。

パス回しが同じ方向ばかりだとディフェンスによまれたりして、とても守りやすくなります。

しっかり左右パス回しができるようになっておきましょう。

今回は、トライアングルオフェンスについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


1.オフェンスの基礎をおさえる

オフェンスには、パス回しが出来なければいけません。

パス回しが出来ないとチームプレーなど出来ません。

チームプレーが出来るようにもパス回しの練習をしておきましょう。

女子バスケに多いのは、パス回しが出来ていないことです。

パス回しが出来ても色んな方向にパス回しが出来ないとディフェンスを振り回すことが出来ません。

しっかり練習をして上達していきましょう。

2.フットワークをこなす

オフェンスにもディフェンスも体のバランスを使うので、かなりの脚力をしようします。

女子バスケには、脚力がない人が多いことです。

しっかり脚力をつけておきましょう。

サイドステップなどのつま先などを使い方がうまくなるように練習をとりいれておきましょう。

普段の練習メニューに緩急を取り入れて練習しましょう。

上達したら、レベルを上げていきましょう。

3.まとめ

トライアングルオフェンスは、センターとの連携プレーにでもなります。

しっかり中外のプレーが出来ていれば、シュートを打ちやすくなり、いい流れでシュートを打つことができます。

女子バスケに多いのは、センターになかなかボールが入れれていないことです。

センターにボールが入れれないと攻めるパターンが分かりやすくなり、ディフェンスは守りやすくなります。

そのためにも、センターにボールを入れて中外のリズムを作っておきましょう。

リズムが出来ればテンポも良くなりシュートが入りやすくなったり、流れが良くなったりします。

リズムが良くなるためにも中外にパス回しが出来るようにしておきましょう。

パス回しが出来ていればディフェンスを振り回す事ができます。

ちゃんとパス回しが出来るようになっておきましょう。

日々の練習が必ず結果に繋がってきます。

試合で使えるように、チームで意識をして、みんなで指摘しあってチーム全体で上達していきましょう。

  • トライアングル・オフェンスとは?/女子バスケが上達する練習メニュー
  • オフェンス時の目線の使い方の基本/女子バスケが上達する練習メニュー
  • アーリーオフェンスのやり方と練習メニュー/女子バスケの上達法
  • トライアングルオフェンスのやり方と練習メニュー/女子バスケの上達法
  • モーションオフェンスのやり方と練習メニュー/女子バスケの上達法
おすすめの記事
バスケのパスが上達するコツ
バスケのパスミスが発生してしまうと、相手チームボールになって得点のチャンスが減って、相手に得点のチャンスを与えてしまいます。試合中はパスミス...
バスケのシュートが上達するコツ
バスケは速攻などパスを受けてそのままレイアップシュートを打つ場面があります。 ドリブルをしないことで、とてもスピーディーになります。 今回は...
バスケのパスが上達するコツ
バスケではリバウンドをした後は、ディフェンスの時は速攻のチャンスが出来るため、早く前の選手にパスをする必要があります。 また、オフェンスの時...