アーリーオフェンスとは、速攻のことです。

オフェンスとディフェンスの切り替えにスピード感が求められます。

女子バスケでもアーリーオフェンスをすることは多いです。

バスケットボールにおいて、単に速攻を仕掛けるだけではミスも増えますし、ボールを奪われて速攻を仕掛けられると大量に失点の引き金にしかなりません。

アーリーオフェンスをするには、速く攻めることです。

速く攻めれるように日頃から練習をしておきましょう。

スポンサーリンク


ミスをしないように注意しておきましょう。

今回は、アーリーオフェンスのやり方について紹介していこうと思います。

1.オフェンスの基礎をおさえる

オフェンスは、パス回しやドリブルが出来なければなりません。

日頃から上達出来るようにしっかり練習しておきましょう。

パス回しやドリブルが出来なければ、攻めることができません。

攻めれるようになるためにも基本的なオフェンスが出来るようになっておきましょう。

2.アーリーオフェンスの練習方法

アーリーオフェンスは、速く攻めることが大切です。

速く攻めれるようにスリーメンなどの練習で時間を決めて練習をしていると速く攻めれるようになります。

女子バスケに多いのは、攻めることが遅いことです。

ゆっくり攻めることもいいですが、速く攻めることも必要です。

速く攻めることによって、攻める回数も増えてきますし、負けている試合の時には特に、攻める回数が多い方がいいです。

攻める回数が増えることによって、得点に繋がることになります。

3.まとめ

アーリーオフェンスをするということは、速く攻めることが大前提です。

速く攻めるためにも走れるようにならなければいけません。

速く攻めれるようになっておきましょう。

女子バスケに多いのは、体力があまり無いことです。

体力がないとアーリーオフェンスをすることが出来ません。

アーリーオフェンスをすることによって、ディフェンスの切り替えも速くしなければなりません。

攻守の切りかえが速くなければ、アーリーオフェンスを続けることができませんし、体力がないとアーリーオフェンスは続きません。

体力をつけることが必要になってきます。

そのためにもチームで意識をしてみんなで指摘しあってチーム全体で上達していきましょう。

日々の練習が必ず結果に繋がってきます。

練習をおこたらないように頑張ってやっていきましょう。

  • トライアングル・オフェンスとは?/女子バスケが上達する練習メニュー
  • オフェンス時の目線の使い方の基本/女子バスケが上達する練習メニュー
  • アーリーオフェンスのやり方と練習メニュー/女子バスケの上達法
  • トライアングルオフェンスのやり方と練習メニュー/女子バスケの上達法
  • モーションオフェンスのやり方と練習メニュー/女子バスケの上達法
おすすめの記事
バスケのディフェンスが上達するコツ
今回はバスケのディフェンスのバンプについて紹介していきます。 バンプはディフェンスに体を常に当てて、オフェンスの思い通りに動けないようにする...