ボールが手についていないと色んな技やディフェンスを抜くことができません。

しっかりボールが手につくように日頃から練習をしておきましょう。

ハンドリングも日々の練習が必要です。

練習すれば上達も速いです。

今回は、代表的なハンドリングについて紹介していきたいと思います。

1.ハンドリング

待っている間や休憩中や空いた時間にハンドリングはできます。

ハンドリングがうまくなればミスも減ってきます。

スポンサーリンク


女子バスケに多いのは、ハンドリングをあまりしていないことです。

しっかりボールが手につくようにハンドリングしておきましょう。

練習メニューにもハンドリングを取り入れておくのもいいでしょう。

2.種類

ハンドリングの種類はたくさんあります。

最初は、簡単なのからやっていき、慣れて上達してきたら、レベルを上げていきましょう。

止まったままのハンドリングや動きながらのハンドリングやドリブルしながらのハンドリングなどの種類が様々あります。

自分の苦手なハンドリングを見つけて苦手な事から練習するのもいいでしょう。

女子バスケに多いのは、利き手ばかり練習をしています。

利き手ばかり練習をしても意味がありません。

ちゃんと両手つかえるようにどちらの手でも練習をしておきましょう。

ドリブルしながらのハンドリングは、苦手な方もしっかりハンドリングしておきましょう。

苦手な方をあまりしてない場合は、ドリブルも利き手しかできなかたりします。

ちゃんと苦手な方もしっかり練習しておきましょう。

普段の生活でも利き手と逆の手を使うようにしておくとよいでしょう。

3.まとめ

ハンドリングは、とても大切です。

ドリブルしながらのハンドリングは、苦手な方からすると上達するのが速いです。

ハンドリングができていないと、ボールが手につきません。

ボールが手についていないと色んな技やディフェンスを抜くことができません。

しっかりハンドリングしてボールが手につくようにしておきましょう。

基礎ができていないと上達のしかたが遅くなります。

基礎がちゃんとできてから、レベルを上げていきましょう。

日々の練習が必ず結果に繋がってきます。

試合で通用出来るようにも、日頃からの練習をおこたらないように頑張ってやっていきましょう。

チームで意識をしてみんなで指摘しあって上達していきましょう。

努力をすればきっと報われます。

  • プロでもやっているハンドリングの鍛え方/女子バスケが上達する練習メニュー
  • 女子バスケのハンドリングの練習法「ボール回し」のやり方と効果
  • 代表的なハンドリングの種類/女子バスケが上達する練習メニュー
おすすめの記事
バスケのパスが上達するコツ
バスケのパスは正確にパスが出来なければ、上手く連携が出来ないため、正確なパスコントロールが要求されます。 今回はバスケのパスコントロールの練...
女子バスケのリバウンド
リバウンドを制するものはゲームを制すという言葉があるようにリバウンドはとても重要になってきます。 センターの人は、必ずリバウンドがとれるよう...