ハンドリングの種類は、たくさんあります。

ハンドリングは、ミスを減らすためにも必要不可欠です。

しっかりハンドリングが出来るようになっておきましょう。

プロでもハンドリングはほぼ毎日おこなっています。

女子バスケに多いのは、キャッチミスです。

常日頃からキャッチミスを減らすためにも練習にハンドリングのメニューをとりいれておきましょう。

ハンドリングが上達してきたら、種類を増やすなどしてレベルを上げていきましょう。

スポンサーリンク


ハンドリングをして少しでもミスを減らしていきましょう。

今回は、プロでもやっているハンドリングを紹介していきたいと思います。

1.基礎をおさえる

基本的なハンドリングが出来ないと上達はしません。

ハンドリングにも種類は、たくさんあります。

まずは簡単なボール回しのハンドリングからやっていきましょう。

慣れてきたり上達してきたら、種類を増やすなどしてやっていきましょう。

女子バスケに多いのは、一気にハンドリングをやってしまうことです。

一気にやってしまうと上達しませんし練習しても上手くなっているという効果が感じられません。

なので、慣れてくるまでは、少しずつおこない、徐々にレベルを上げていきましょう。

2.ハンドリング

ハンドリングの種類は、たくさんあります。

まずは、簡単なボール回しのハンドリングからやっていきましょう。

最初は、回数を決めてやっていきましょう。

ハンドリングが慣れてきたら、時間など測ってやっていきましょう。

徐々にレベルを上げていき上達していきましょう。

ボール回しができるようになったら、ドリブルをついたりしていきましょう。

日頃から練習をおこたらないように頑張ってやっていきましょう。

3.まとめ

ハンドリングは、ボールが手につくので毎日やっていたほうがよいでしょう。

日頃からやっていると試合中や練習中でもキャッチミスが減ったりします。

女子バスケに多いのは、キャッチミスです。

キャッチミスを減らすためにもハンドリングは毎日やっていきましょう。

上達してきたら、レベルを上げていきましょう。

日々の練習が必ず結果に繋がってきます。

そのためにも練習をおこたらないようにやっていきましょう。

試合で通用出来るように、チームで意識をしてみんなで指摘しあってチームみんなで上達していきましょう。

  • プロでもやっているハンドリングの鍛え方/女子バスケが上達する練習メニュー
  • 女子バスケのハンドリングの練習法「ボール回し」のやり方と効果
  • 代表的なハンドリングの種類/女子バスケが上達する練習メニュー
おすすめの記事
バスケのオフェンスが上達するコツ
今回はバスケのオフェンスの基本的な動きについて、練習メニューと一緒に紹介していきます。 バスケのオフェンスで一番点をとる確立が高いポイントは...
バスケのドリブルが上達するコツ
バスケはボール運びが必要になるためドリブルがうまくなければ試合になりません。 今回はバスケのボール運びが上達するドリブルの練習メニューについ...