ハンドリングの中で基本的なのは、ボール回しです。

基本的なボール回しが出来なければ他のハンドリングは出来ないと思います。

女子バスケに多いのは、ハンドリングの時に、同じ方向にしかボール回しをしないことです。

右回り、左回りどちらもちゃんとできるようにしておきましょう。

今回は、ハンドリングのボール回しについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


1.基礎をおさえる

ボール回しは、ハンドリングのなかで、もっとも重要かつ簡単な動作になっています。

ボール回しが出来ないと他の種類のハンドリングは出来ません。

右回りと左回りどちらもできるようにしっかり練習おこたらないでボール回しが出来るようになっておきましょう。

2.ハンドリング

ハンドリングは、キャッチミスをなくしたり、ボールが手につくようにするためにおこないます。

基本的なボール回しが出来ないと他の種類のハンドリングが出来ません。

まずは、頭や腰、足などをボール回しが出来るようになりましょう。

女子バスケに多いのは、同じところしかボール回しをしないことです。

ちゃんと全体的にボールを回して右回りと左回りどちらもできるようにしましょう。

ハンドリングの時は、ボールばかり見ないで前をみておこないましょう。

最初は、ボールをみててもいいですが、慣れてきたら前をみながらハンドリングをしましょう。

上達してきたら、ハンドリングの種類を増やしたりスピードを速くしたりしておこないましょう。

ハンドリングは時間があればいつでもできます。

おこたらないように頑張ってやっていきましょう。

3.まとめ

ハンドリングが出来ないとキャッチミスがおおかったりします。

しっかり基本的なハンドリング出来るようになりましょう。

女子バスケに多いのは、キャッチミスです。

キャッチミスを減らすためにもハンドリングをちゃんとしましょう。

試合中にキャッチミスなどが多いと相手のペースになってりして試合に負けたりする恐れがあります。

ミスを少しでも減らすためにもハンドリングをしっかりしてボールが手につくようにしておきましょう。

日々の練習が必ず結果に出てきます。

試合で通用出来るようにも日々の練習をおこたらないようにやっていきましょう。

チームで意識をしてみんなで指摘しあってチーム全体で上達していきましょう。

  • プロでもやっているハンドリングの鍛え方/女子バスケが上達する練習メニュー
  • 女子バスケのハンドリングの練習法「ボール回し」のやり方と効果
  • 代表的なハンドリングの種類/女子バスケが上達する練習メニュー
おすすめの記事
バスケのディフェンスが上達するコツ
今回はバスケのディフェンスで使用するトラップについて紹介していきます。 トラップは、オフェンスをライン際などに追い込み、ダブルチームなどで、...
バスケの基礎知識とルール
実は、経験者でも難しいファール。ここでは、初心者が起こしがちなファールと帽子方法をご紹介します。 1.ファールとはなんでしょう バスケは、基...