バスケは常に動き回るスポーツなので、フットワークの練習はかかせません。NBAなどプロの選手になるほど、ハードなフットワークを日常的にこなしています。

初心者でもフットワークをしていないと、バスケの基本的な動きが出来ていないので、練習中や試合中に怪我をしやすくなってしまいます。

それでは今回はバスケのフットワークの練習メニューについて紹介していきます。

1.ジョギング

ゆっくりとジョギングをしてフットワーク前に体を馴らすためにやります。

スポンサーリンク


2.スキップ

体全体を使ってスキップをすることで体をほぐします。

3.ダッシュ

コートを端から端まで全力で走ります。走り出す前の状態をうつぶせの状態や仰向けの状態にするなど、いくつかのパターンでやります。

制限時間内に指定した距離を走れなかった場合は、腕立て伏せなどのペナルティを与えます。

4.バックラン

コートの端から端まで後ろ向きに走ります。こちらも走り出す前の状態をうつぶせの状態や仰向けの状態にするなど、いくつかのパターンでやります。

後ろ向きで走る方向が見えませんが、コートのどの位置を走っているかの感覚をやしないましょう。

5.もも上げ

左右の足を交互にもも上げおこない、走る力をつけます。

6.両足もも上げジャンプ

両足でジャンプしてももが胸につくぐらいまであげます。

7.片足ジャンプ

片足だけをつかって垂直にジャンプし片足で着地します。負荷が高くなりジャンプ力が高くなります。

8.サイドキック

足の横を使って水平に飛んで、また片足で着地します。

9.ジャンプストップ

ダッシュしながらジャンプし両足で着地します。

10.シャトルラン

コートの端から端までをダッシュしつづけます。コートの端で切り返すときの動作にジャンプやラインをタッチするなど、変化をつけるとよいです。

11.ジャンプキック

走りながらジャンプし空中で片足のももをお腹につけます。

12.まとめ

フットワークはバスケの動きすべてに共通する基礎になります。フットワークをしているチームとフットワークをしていないチームでは、明らかな差が出てきます。

バスケは動き続けるスポーツです。試合中に足がうごかなくなるようなことがないように、決して楽しい練習ではありませんが、チームの仲間と競いあいながら互いに励ましあって、練習をしましょう。

毎日のフットワークをかかさず練習が、あなたのチームを勝利に導きます。

おすすめの記事
バスケのパスが上達するコツ
バスケはいかにノーマークを作ってシュートを放つことができるかで、シュートの決定率が違ってきます。いかにノーマークを作りだし、ノーマークにパス...
バスケが上達するトレーニング法
バスケでは試合中に全力疾走する場面が多いです。バスケはスピードがあればあるほど、1対1の場面では有利になります。今回はスピードを鍛えるための...
バスケのハンドリングが上達するコツ
ドリブル・シュート・パス、ボールキャッチ、すべての種類の動作にはボールを扱うハンドリングが必要になります。 バスケのボールハンドリングで重要...