バスケだけでなくスポーツには、フットワークと言うものが、存在します。これをおろそかにすると上達もしませんし、怪我にもつながります。今回は、フットワークのお話をします。

1.フットワークって何で大事

ある高校のチームで、合計3時間の練習で延べ1時間のフットワークを、取り入れているところが御座います。ここでも解るように、初心者でも上達者でもフットワークは、バスケにおいては、非常に重要な運動です。

スポンサーリンク


なぜ、フットワークが、きつくても大事なのでしょうか。これは、このフットワークの中に、バスケに必要な要素を沢山含んでいることと、基礎体力維持、向上のためです。

バスケに必要な要素とは、サイドステップやクロスステップなども含まれ、バスケにおいて日々の鍛錬と上達が、必要な要素が含まれたフットワークになっているからです。

そして、真剣にやるとこのフットワークで、ヘロヘロに成るかもしれませんが、そこからのボールの練習が、体力アップに必ずつながるからです。

このフットワークをおろそかにしてしまうと、必ずバスケの上達に支障をきたします。そして、なにより、練習でも試合でも怪我をしてしまう確率も上がってしまいます。

バスケにおいてのフットワークは、バスケの基礎であり、上達して行くための鍛錬であります。そしてプレー中になるべく怪我が起きないためのものでもあります。

苦しいと思っても、毎日やって嫌だなと思っても真剣に取り組むことが、必要です。

2.フットワークの目的別種類

一口にバスケのフットワークと言っても、やはり種類があります。ここでは、大まかな基礎となるフットワークの種類を目的別に紹介します。

ストレッチ系のフットワークです。

ジョギング、ヒップローテーション、ウォーリングランジ、サイドスイング、トータッチ、キャリオカ等になります。これは、ストレッチの要素が、多いので最初のうちにやるフットワークです。

ステップやジャンプ系のフットワーク

スキップ、片足ジャンプ、腿上げ、レイアップジャンプ、サイドステップ、クロスステップ等になります。これは、本格的に走る前の準備運動的なフットワークの基礎になります。

走る系のフットワーク
ダッシュ、バックラン、シャトルラン、クオーターダッシュ、スリーステップラン等になります。ここからは、本格的に成るので一つのメニューの本数も増えてきます。

オフェンス・ディフェンス系のフットワーク
ジャンプストップ・スライドステップ・サイドキック・ハーキー、サイドステップ(速)、クロスステップ(速)、切り替えしステップ等になります。

バスケにおいての代表的なフットワークになりますが、もっともっと沢山のメニューが存在します。中には、逆立ち歩きをするというのもあります。

バスケの上達のために行うメニューです。そして、怪我のないバスケのためのメニューです。

怪我をしてしまえば、基礎のフットワークも出来なくなることも御座います。きちんと毎日フットワークを行い、バスケ全体の上達にベクトルが、向いて繰れたらと思います。

おすすめの記事
バスケの練習メニュー
初心者の方が、バスケを始めた時にやったらよい筋トレとはどんなものが有るかを成長期前、成長期後、そして社会人に分けてお話ししたいと思います。 ...
バスケのディフェンスが上達するコツ
バスケのディフェンスではスティールと呼ばれる技があります。 オフェンスのボールに手を出して奪いとる技のことですが、スティールをするためには、...
バスケが上達するトレーニング法
サーキットトレーニングとは決められた練習メニューを反復して行うことで、少ない時間でも毎日繰り返すことでバスケの練習効果をあげることが出来ます...
バスケのオフェンスが上達するコツ
バスケのオフェンスにはメンタルが必要になります。 試合終盤にシュートを決める必要がある場合、技術よりもメンタルが左右する場合が多いからです。...