バスケのドリブルが単調だとディフェンスを抜き去る事は非常に難しいです。そのためバスケにはいろいろなドリブルテクニックが存在します。

今回はバスケのドリブルで使えるテクニックについていくつか紹介したいと思います。

1.フロントチェンジ

バスケのドリブルで一番目にするテクニックです。

スポンサーリンク


視線と体の向きを変えずに、逆方向にすばやく方向転換します。 バウンドさせたボールをなるべく低い位置で、ボールを見ないようにします。この時に相手の動きををしっかり見るようにします。

ドリブルのスピードを落とさずに方向を変えるので、相手とも距離がある時には効果的なテクニック的になります。相手が接近している場合は、ボールを体の前を通すのでスチールされる恐れがあります。

素早い重心移動のテクニックが必要になります。クロスオーバーとも呼ばれます。相手を抜き去るときはドリブルをつく反対の手はボールをまもるようにしてください。

2.バックロール

軸足を使って一回転して、ディフェンスを巻き込むように抜くドリブル方法です。

主にドライブした方向にディフェンスが先回りしているときや、ディフェンスがドリブルをカットしようとしき飛び出してきた時に使うと効果が高いです。

回転のスピードが遅かったり横に移動しても相手は抜けません、縦に移動するイメージで足を踏み出しましょう。

特に回転を始める際のドリブルは強くつくように意識しないと、回転途中で勢いを失ってボールがこぼれ落ちてしまいます。

死角からボールを奪われることがあるので注意が必要です。スピンムーブとも呼ばれます。

3.チェンジオブペース

スピードを遅い状態から最高速度に変えたり、最高速度から遅い速度変えて再度最高スピードに変えて相手を抜き去るテクニックです。

シンプルな技ですが試合中に一番効果のあるテクニックになると思います。相手がこちらのスピードに慣れているところついて、急激にスピードを変えて抜き去ります。

スピードの落差があればあるほど効果があります。スピードを変えるときは、ディフェンスをよく見て、スピードについてきているかどうかを判断しましょう。

4.まとめ

上記のテクニックは急激にスピードを変えたり方向を変えたりするので、スピードを実現するための脚力が必要になります。

ドリブル関連の練習メニューだけでなくフットワークの練習メニューもこなしていきましょう。

  • レイアップ時のトラベリングの種類と防止法
  • バスケのドリブルでダブドリを防ぐには?
  • バスケ初心者のフェイント習得方法
  • バスケ初心者の抜き方の基本と種類
  • 初心者がバスケをする際のドリブルのコツって
  • バスケのランニングで覚えるドリブル
おすすめの記事
バスケのパスが上達するコツ
バスケのパスにはディフェンスを惑わすトリッキーなパスがいくつも存在します。 どれも難しいパスばかりですが、試合で使えれば、とても勢いがつくで...
バスケのディフェンスが上達するコツ
今回はバスケの1on1ディフェンスで大事なことについて紹介していきます。 1on1ではディフェンスが抜かれてしまうと、得点のチャンスが高くな...
バスケのパスが上達するコツ
バスケには速いパス回しができると試合の流れがよくなり試合を有利に進めることができるようになるでしょう。 逆に強いパス回しが出来ないと、ディフ...
女子バスケのリバウンド
リバウンドを制するものはゲームを制すという言葉があるようにリバウンドはとても重要になってきます。 センターの人は、必ずリバウンドがとれるよう...
バスケのドリブルが上達するコツ
バスケをしている人なら、スピードのない選手でも、ドリブルで抜くところを見たことがあると思います。 なぜ、スピードがなくてもディフェンスを抜け...