今回はバスケのドリブルが上達する練習メニューについて紹介します。特にガードにとってはバスケのドリブルは必要不可欠なものです。

バスケのドリブルが出来ないとボールを運ぶことができないので試合になりません。ドリブルがうまいかどうかで、試合に勝てるかどうかが大きく関わってきます。

みっちり練習して、ドリブルの上級者をめざしましょう。

スポンサーリンク


1.ドリブルのフォーム確認

まずはドリブルのフォームについての練習です。鏡を見ながら自分のドリブルが正しいフォームであるかチェックします。

ドリブルの正しいフォームとは、体の横側でボールをつくことです。ボールをつく際には、ボールをつく反対の手で相手選手をブロックするようにします。

あなたが左利きだったなら、左手と右足を前に出し、右手で相手をブロックします。

またドリブルが強くつけているか確認します。ドリブルで跳ね返ったボールのスピードが遅いと感じたら、ドリブルをつく力が弱い証拠ですので、強くつくことを意識しましょう。

2.ドリブルをしながらゴムボールを取る

次はドリブル中に前を向く練習をします。二人組をつくって、一人がその場でドリブルをします。もう一方は野球ボールのような小さいボールを相手になげます。

ドリブルしている方はドリブルを続けながら小さいボールをとります。ボールを落とさずとるためには、常に前を向く必要があります。

ボールを投げる側はわざと取りにくいところにボールを投げるようにしましょう。同時に反対の手を動かす必要があるので、集中力やハンドリングが向上します。

3.1対1でドリブル相撲対決

二人組を作り二人とも各自ボールを持ってドリブルをします。センターサークルの中など、動き回れる箇所を制限して、ドリブルをしながら相手のボールを取りに行きます。

自分のボールがサークルの外に出たり、サークルの外に足が出たら負けになります。相撲に似ているので、ドリブル相撲と呼ばれています。

自分のボールを守りながら、攻める必要がでてくるので、当然前を向いて相手をよく見る必要があります。ドリブルの練習やディフェンスの練習を同時に楽しみながら練習ができます。

4.まとめ

上記3つの練習共通するのはとにかく前をむいて、ボールを守りながら、両手とも強くドリブルをすることです。これらの練習をすることによって、ドリブルが上達していくと思います。

  • レイアップ時のトラベリングの種類と防止法
  • バスケのドリブルでダブドリを防ぐには?
  • バスケ初心者のフェイント習得方法
  • バスケ初心者の抜き方の基本と種類
  • 初心者がバスケをする際のドリブルのコツって
  • バスケのランニングで覚えるドリブル
おすすめの記事
バスケのシュートが上達するコツ
バスケはシュート時に肘をよくつかいます。 もし痛みがある場合は、練習を続けても効果が低くなるので、練習を休みましょう。 肘の痛みが出る前に筋...
バスケのオフェンスが上達するコツ
バスケ初心者の方がオフェンスをする際には、どのように動いてよいのか凄く悩むことと思います。特にバスケはチームスポーツであり、比較的狭いコート...