バスケのレッグスルーは、クロスオーバードリブルと同じで、視線と体の向きを変えずに、逆方向にすばやく方向転換します。

股の下でバウンドさせたボールをなるべく低い位置で、ボールを見ないようにします。この時に相手の動きををしっかり見るようにします。

視線と体の向きを変えずに、逆方向にすばやく方向転換します。 バウンドさせたボールをなるべく低い位置で、ボールを見ないようにします。この時に相手の動きををしっかり見るようにします。

スポンサーリンク


足を大きく開かないとボールが足に当たってしまうので、足を広げる間隔を覚えましょう。

ドリブルのスピードを落とさずに方向を変えるので、相手とも距離がある時には効果的なテクニック的になります。

相手が接近している場合は、ボールを体の下を通すのでスチールされにくい効果があります。素早い重心移動のテクニックが必要になります。

それではバスケのレッグスルードリブルの練習メニューについて紹介します。

1.ドリブルの基礎をおさえる

レッグスルードリブルを練習するにはまず基本的なドリブルが出来なければなりません。

その場ドリブルなどの練習で両手でドリブルがつけるようになりましょう。

次に、走りながらのドリブルの練習でボールをみない状態でドリブルが出来るようになりましょう。

2.相手の重心を見分ける

ボールをみずに満足にドリブルが出来るようになったら、実際にレッグスルードリブルを使ってディフェンスを抜く練習を行います。
オフェンスとディフェンスの二人組みをつくり、ディフェンスに対してドリブルで抜こうとします。

ディフェンスを抜きさる際に、ディフェンスがドリブルの進行方向に入ってきたのを確認してから、クロスオーバーで進行方向を変えて抜き去ります。

始めはディフェンスはゆっくり守るようにして、動きを覚えてきたら、少しずつディフェンスの動きのスピードを早くしてきます。

3.ドリブルをつく反対の手の位置を意識する

さらにレッグスルードリブルのスピードを速めるために、ドリブル時の手の位置に注目します。

レッグスルードリブルをする際にドリブルをついている反対の手は、大きく開いて、股抜きドリブルした際の、ボールを待ち受けるような形になるとドリブルが安定します。

4.フットワークをこなす

股抜きドリブル時には急に進行方向を変えるのでかなりの脚力をしようします。サイドステップなどつま先などを使い方がうまくなるように練習しましょう。

バスケのドリブラーにはレッグスルードリブルは必須のスキルになります。練習メニューをこなして、試合で使えるようにしましょう。

  • レイアップ時のトラベリングの種類と防止法
  • バスケのドリブルでダブドリを防ぐには?
  • バスケ初心者のフェイント習得方法
  • バスケ初心者の抜き方の基本と種類
  • 初心者がバスケをする際のドリブルのコツって
  • バスケのランニングで覚えるドリブル
おすすめの記事
バスケのシュートが上達するコツ
バスケでのシュートの中に、レイアップシュートというのがあります。これは、多分始めてバスケを習ってときに、始めて習うシュートでもあります。これ...
バスケの基礎知識とルール
実は、経験者でも難しいファール。ここでは、初心者が起こしがちなファールと帽子方法をご紹介します。 1.ファールとはなんでしょう バスケは、基...
バスケットボールの練習メニュー関連コラム
あなたはバスケットボールをどのようなスポーツだと思っておられるでしょうか。 きれいにドリブルをして、綺麗にシュートを打つ、そんな個人的な要素...
バスケのシュートが上達するコツ
バスケは速攻などパスを受けてそのままレイアップシュートを打つ場面があります。 ドリブルをしないことで、とてもスピーディーになります。 今回は...
バスケの基礎知識とルール
初心者の方が、バスケをする際には集団のスポーツという観点から中々動きがわからずどうしてよいかも解らないまま時間が過ぎてしまうということが多々...
バスケの基礎知識とルール
バスケを初心者から社会人で始めるのは、結構勇気がいると思います。せっかく勇気を出して始めるのですがら嫌にならずに上達してほしいと思います。 ...
バスケのシュートが上達するコツ
バスケのシュートは重心のかけ方によって異なります。 後ろにフェイドアウェイシュートのように後ろにジャンプする場合は重心を後ろにする予備動作が...