今回はバスケのドリブルのインサイドアウトのやり方とコツを紹介します。

インサイドアウトは、ドリブルの進行方向を意図的に前進したり、後退したりすることで、ディフェンスが進行方向に対応できなくなるテクニックです。

切り替えのスピードのが大きいほど効果があるので、スピードがあればあるほど、有利になります。またディフェンスの重心を見極めればスピードがなくてもディフェンスを抜くことができます。

スポンサーリンク


それでは、バスケのドリブルのインサイドアウトについての練習メニューを紹介します。

1.ドリブルの基礎をおさえる

ドリブルのインサイドアウトを練習するにはまず基本的なドリブルが出来なければなりません。走りながらのドリブルから急にバックする練習でボールをみない状態でドリブルが出来るようになりましょう。

2.相手の重心を見分ける

ボールをみずに満足にドリブルが出来るようになったら、実際にドリブルのインサイドアウトを使ってディフェンスを抜く練習を行います。オフェンスとディフェンスの二人組みをつくり、ディフェンスに対してゆっくりとドリブルで抜こうとします。

ディフェンスを抜きさる際に、ディフェンスがドリブルの進行方向に入ってきたのを確認してから、インサイドアウトで一気に進行方向を変えます。

ディフェンスが後ろに着いてきたら、ふたたび前に進むようにし、逆にディフェンスがついてこれずに、間合いが開いたら、シュートを打ちます。始めはディフェンスはゆっくり守るようにして、動きを覚えてきたら、少しずつディフェンスの動きのスピードを早くしてきます。

3.ドリブルをつく反対の手の位置を意識する

さらにドリブルのインサイドアウトを効果的にするために、ドリブル時の手の位置に注目します。

インサイドアウトをする際にドリブルをついている反対の手は、ディフェンスをブロックするような形をとります。これはディフェンスをブロックすることで、前に出てくるのを防ぐ効果があります。

4.フットワークをこなす

ドリブルのインサイドアウトは急にスピードを変えるのでかなりの脚力をしようします。バックステップなどつま先などを使い方がうまくなるように練習しましょう。

バスケのドリブルのインサイドアウトは切り返しのスピードが大事になります。普段の練習メニューに進行方向の前後切り替えを取り入れて練習すると、試合で自然に技がだせるようになります。

  • レイアップ時のトラベリングの種類と防止法
  • バスケのドリブルでダブドリを防ぐには?
  • バスケ初心者のフェイント習得方法
  • バスケ初心者の抜き方の基本と種類
  • 初心者がバスケをする際のドリブルのコツって
  • バスケのランニングで覚えるドリブル
おすすめの記事
バスケが上達するトレーニング法
バスケは瞬間的に進行方向を変えたり、ジャンプしたりするので、瞬発力のトレーニングが必要になります。 今回はバスケの瞬発力を鍛える練習メニュー...
バスケのドリブルが上達するコツ
一言で抜き方と聞いて、多分ドリブルでの抜き方を想像するかもしれません。勿論ドリブルでも抜き方はあります。でも実はそれ以外にもバスケにおいては...