今回はバスケのドリブル後のギャロップステップのやり方と練習メニューについて紹介します。

ギャロップステップは片足をつけた状態でボールを保持し、そのまま片足を離します。

その後両足で着地しその後シュートを放ちます。一見トラベリングに見えますが、片足着地も両足着地も同じ一歩になるため、トラベリングにはなりません。

スポンサーリンク


ただし、ピボットをしてしまうとトラベリングになります。また大きくジャンプしすぎてもトラベリングになる事があるので気をつけましょう。

それではバスケのギャロップステップの練習メニューについて紹介します。

1.ドリブルの基礎をおさえる

ギャロップステップ を練習するにはまず基本的なドリブルが出来なければなりません。静止した状態からのドリブルをする練習でボールをみない状態でドリブルが出来るようになりましょう。

2.相手の重心を見分ける

ボールをみずに満足にドリブルが出来るようになったら、実際にギャロップステップを使ってディフェンスを抜く練習を行います。オフェンスとディフェンスの二人組みをつくり、ディフェンスに対してピボットやフェイントをつかいドリブルで抜こうとします。

ディフェンスを抜きさる際に、ディフェンスがドリブルの進行方向に入ってきたのを確認してから、ギャロップステップを使って抜きます。始めはディフェンスはゆっくり守るようにして、動きを覚えてきたら、少しずつディフェンスの動きのスピードを早くしてきます。

3.ドリブルをつく反対の手の位置を意識する

さらにギャロップステップのスピードをあげるためには、ドリブルをついている反対の手は意識した練習を行います。

ドリブルをついている反対の手は出来るだけ胸に近づけて、ボールを保持しやすくします。ボールを保持したあとは大きくボールを上下に動かすとシュートフェイクやパスフェイクになるので有効です。

4.一歩目を大きく踏み出す

さらにスピードをアップするために、最初の一歩を大きくすることを意識した練習を行います。障害物などを置いて、一歩目を意識しながらドライブで抜き去る練習をします。

5.フットワークをこなす

ギャロップステップ は体のバランスを使うのでかなりの脚力をしようします。サイドステップなどつま先などを使い方がうまくなるように練習しましょう。

バスケのギャロップステップはスピード差が大事になります。普段の練習メニューにスピードの緩急を取り入れて練習しましょう。

  • レイアップ時のトラベリングの種類と防止法
  • バスケのドリブルでダブドリを防ぐには?
  • バスケ初心者のフェイント習得方法
  • バスケ初心者の抜き方の基本と種類
  • 初心者がバスケをする際のドリブルのコツって
  • バスケのランニングで覚えるドリブル
おすすめの記事
バスケのシュートが上達するコツ
バスケのもっとも重要な動きは、シュートです。これは得点を重ねていくスポーツですから当たり前のことですが、きちんとシュートフォームを確立しまし...
バスケのオフェンスが上達するコツ
バスケのオフェンスにはメンタルが必要になります。 試合終盤にシュートを決める必要がある場合、技術よりもメンタルが左右する場合が多いからです。...