今回はバスケのドリブルテクニックのフェイクについて紹介していきます。

バスケのドリブルフェイクは、相手に右サイドを抜くと見せかけて、左サイドを抜いていくことで、ディフェンスは最初の右サイドを守ろうとするので、フェイントに引っ掛かってしまい、オフェンスは楽にドリブルで抜くことができます。

逆にフェイントがないとディフェンスに動きを読まれてしまうので、ディフェンスにとっては楽な相手になります。

それでは、バスケのドリブルフェイント上達のための練習メニューについて紹介していきます。

1.左右を揺さぶるフェイント

ドリブルを使ってディフェンスを抜く場合は左右どちらかを抜きにいくわけですが、わざと左右どちらかのサイドを抜きにいく素振りを見せて、ディフェンスを引っ掛かけます。

練習では、オフェンスとディフェンスに別れて、左右どちらかのフェイントを掛けて抜く練習をします。

フェイントをかけた時にディフェンスの体重がフェイントをかけた方向に掛かっていることを確認してから、逆サイドに進行方向を変えます。

2.前後を揺さぶるフェイント

次はドリブルで前後に揺さぶるフェイントでディフェンスを引っ掛かけます。

ドリブルで後ろに下がるフェイントをかけて、ディフェンスが前に出てきたら、急に前にトップスピードで進み、ディフェンスを抜き去ります。練習では、オフェンスとディフェンスに別れて、前後のフェイントを掛けてディフェンスを抜く練習を行います。

フェイントをかけた際にディフェンスが前方向に体重が掛かっていることを確認してから、抜きにいくように意識するようにします。

3.ボールを持つと見せかけて持たない

今度はドリブル動作からシュートまたはパスの動作にはいると見せかけて、ディフェンスを抜きます。

ドリブルをついている手の反対側の手を近づけることで、ディフェンスはボールを持つと思い、間合いを近づけてきます。オフェンスはボールを持たずにその瞬間に抜きに行きます。

練習では、オフェンスとディフェンスに別れてフェイントの練習をします。実際にドリブルをつく反対の手がボールに触れてしまうと、ダブルドリブルになってしまうので、触れないように気をつけてください。

ドリブルのスピードも一瞬遅くすることでより、ボールを持つ動作に近づきます。バスケはディフェンスとの駆け引きに勝つためにフェイクを駆使しなければ勝てないスポーツです。

練習メニューにこだわらず、常に動きの中にフェイントを入れる意識を持ちましょう。

  • レイアップ時のトラベリングの種類と防止法
  • バスケのドリブルでダブドリを防ぐには?
  • バスケ初心者のフェイント習得方法
  • バスケ初心者の抜き方の基本と種類
  • 初心者がバスケをする際のドリブルのコツって
  • バスケのランニングで覚えるドリブル
おすすめの記事
バスケのシュートが上達するコツ
今回はバスケの両手シュートについて紹介していきます。バスケの両手シュートは力が弱くワンハンドシュートのようにリングまでボールが届かない場合に...
バスケのフットワークが上達するコツ
バスケだけでなくスポーツには、フットワークと言うものが、存在します。これをおろそかにすると上達もしませんし、怪我にもつながります。今回は、フ...
バスケの基礎知識とルール
初心者の方が、バスケをする際には集団のスポーツという観点から中々動きがわからずどうしてよいかも解らないまま時間が過ぎてしまうということが多々...
バスケの基礎知識とルール
バスケを初心者から社会人で始めるのは、結構勇気がいると思います。せっかく勇気を出して始めるのですがら嫌にならずに上達してほしいと思います。 ...