バスケのドリブルは利き手の逆の手でもドリブルがつけないと、片方の手だけでは、ディフェンスに動きを読まれてしまいます。

それでは今回は利き手の逆の手でもドリブルがつけるようになるバスケの練習メニューを紹介していきます。

1.片手でV字ドリブル

片手でV字を書くようにドリブルをおこないます。ボールをついたあとは、反対側に手をもってこないといけません。

また手首をかえす動きも必要になります。スピードや角度を変えていくと練習が効果的です。

スポンサーリンク


V字ドリブルする方向を前後左右で切り替えます

ボールハンドリング力がやしなわれるのできっちり練習しましょう。

2.バックドリブル

体の後ろ側を両手でV字ドリブルします。当然ボールを見ることができないので、

感覚でドリブルをすることになります。ドリブルをつく力が弱かったり、位置が変わったりすると足に当たったり、

手の位置にボールがこなかったりするので、常にボールをつく位置や力を一定にするようにしましょう。

この練習が苦にせず出来れば、ボールを見なくてもドリブルが出来るようになっていて、

そうとうドリブルがうまくなっていると思います。

3.8の字ドリブル

両足を開いて、8の字を描くように小刻みにドリブルをおこないます。低いドリブルをしないと股を通すことができないので、

低く小刻みにドリブルするようにします。手首や指先を小刻みに動かすようにしましょう。

またボールを見るのではなく正面を見るようにしてください。

ドリブルの上級者はこの8の字ドリブルをすると肘はまったく動かさずに手首や指先だけで

低く小刻みに動かしてドリブルしています。

このレベルになるまで練習しましょう。

4.指ドリブル

ドリブル時には手先を大きく開いて広い面積でボールを持つ必要があります。手先の強化をするための練習です。

文字通り指先だけを一本ずつ使ってドリブルをします。一本一本の指に神経を使って丁寧にドリブルするようにします。

家の中なので、当然本気でドリブルすると騒音になると思うので、中腰になって、10~20センチぐらいの幅でドリブルします。

すべての5本指を使うため利き腕でない方の練習は難しいですが、利き腕でない手のドリブル上達に効果があります。

また、指先を使うので指先の筋肉をかなり鍛えられます。

これらの練習メニューによって、バスケの利き手とは逆の手もドリブルが上達していきます。普段の練習時も利き手の逆の手を使うことを意識して練習すると上達が早くなります。

  • レイアップ時のトラベリングの種類と防止法
  • バスケのドリブルでダブドリを防ぐには?
  • バスケ初心者のフェイント習得方法
  • バスケ初心者の抜き方の基本と種類
  • 初心者がバスケをする際のドリブルのコツって
  • バスケのランニングで覚えるドリブル
おすすめの記事
バスケが上達するトレーニング法
バスケのトレーニングは体育館以外でも出来ます。 プールでのトレーニングをすると水の抵抗があるため、普段使わない筋肉をつかうことで瞬発力などを...
バスケの基礎知識とルール
実は、経験者でも難しいファール。ここでは、初心者が起こしがちなファールと帽子方法をご紹介します。 1.ファールとはなんでしょう バスケは、基...
バスケのシュートが上達するコツ
バスケはシュート時に肘をよくつかいます。 もし痛みがある場合は、練習を続けても効果が低くなるので、練習を休みましょう。 肘の痛みが出る前に筋...