今回はバスケのダックインドリブルについてのやり方のコツと練習メニューについて紹介していきます。

ダックインとは本来は、センタープレーヤーがディフェンスに面をとってポストープレーをする事をいっていました。

しかし、漫画「あひるの空」で主人公が体をひくくしてドリブルすることをあひるが、水にもぐり頭を出すことに似ていることから、ダックインと呼んだ造語が浸透してドリブルの事をいう事が多いです。

スポンサーリンク


ドリブルするコツとしては相手ディフェンスの腰よりも低く鋭くドリブルすることです。

それではバスケのダックインドリブルについての練習メニューを紹介します。

1.ドリブルの基礎をおさえる

ダックイン ドライブを練習するにはまず基本的なドリブルが出来なければなりません。
静止した状態からのドリブルをする練習でボールをみない状態でドリブルが出来るようになりましょう。

2.相手の重心を見分ける

ボールをみずに満足にドリブルが出来るようになったら、実際にダックイン ドライブを使ってディフェンスを抜く練習を行います。オフェンスとディフェンスの二人組みをつくり、ディフェンスに対してピボットやフェイントをつかいドリブルで抜こうとします。

ディフェンスを抜きさる際に、ディフェンスがドリブルの進行方向に入ってきたのを確認してから、体勢を低くして一気にスピードを変えて抜き去ります。
始めはディフェンスはゆっくり守るようにして、動きを覚えてきたら、少しずつディフェンスの動きのスピードを早くしてきます。

3.ドリブルをつく反対の手の位置を意識する

さらにドリブルのスピードをあげるためには、ドリブルをついている反対の手は意識した練習を行います。ドリブルをついている反対の手は出来るだけ胸に近づけて、ディフェンスをすり抜け安くします。

これはディフェンスに反対の手がかかってしまうと抜きにくくなるためで、ドリブルで抜く時に肩を入れ込むような意識でいるといいです。これらを意識しながら障害物を置いてドライブで抜き去る練習をします。

4.一歩目を大きく踏み出す

さらにスピードをアップするために、最初の一歩を大きくすることを意識した練習を行います。障害物などを置いて、一歩目を意識しながらダックインドリブル で抜き去る練習をします。

5.フットワークをこなす

ドライブは急にスピードを変えるのでかなりの脚力をしようします。サイドステップなどつま先などを使い方がうまくなるように練習しましょう。

バスケのダックインドリブルはスピード差が大事になります。普段の練習メニューにスピードの緩急を取り入れて練習しましょう。

  • レイアップ時のトラベリングの種類と防止法
  • バスケのドリブルでダブドリを防ぐには?
  • バスケ初心者のフェイント習得方法
  • バスケ初心者の抜き方の基本と種類
  • 初心者がバスケをする際のドリブルのコツって
  • バスケのランニングで覚えるドリブル
おすすめの記事
バスケのシュートが上達するコツ
バスケのフリースローとは、一体どういうものか、きちんと決めるにはどうしたら良いかというお話をしたいと思います。 1.フリースローとは バスケ...
バスケのパスが上達するコツ
バスケのパスは相手にボールを投げる動作ですので、自分一人だけでは完結しません。チームプレイが必要となります。 正確なパスが出来ないとディフェ...
バスケの基礎知識とルール
バスケにおいて戦術は、非常に重要となります。ここでは、初心者の方が、バスケの試合においてどのような戦術が良いのかをお話したいと思います。 1...
バスケの練習メニュー
バスケのシュートやパスは手を使って行うスポーツです。 特に手首のスナップはよく使うので、バスケにとって必要なトレーニングになります。 今回は...