今回はバスケのドリブル時の重心移動のコツと練習メニューについて紹介します。

鋭いドライブを行うためには、重心の使い方が非常に大事になります。最初の踏み出す一歩を大きくすることで、自然と次の足が出てくるので、スピードが出やすくなります。

また、ドリブルをつく反対の手がディフェンスにかかってしまうと抜きにくくなるためで、ドライブをする際に肩を入れ込むような動きをすることで、ディフェンスをするすると抜けるようなドライブになります。

スポンサーリンク


それでは、バスケのドリブル時の重心のかけ方についての練習メニューを紹介します。

1.ドリブルの基礎をおさえる

ドリブルのドライブを練習するにはまず基本的なドリブルが出来なければなりません。

静止した状態からのドリブルをする練習でボールをみない状態でドリブルが出来るようになりましょう。このとき体の重心を意識しながら練習をするようにしましょう。

2.相手の重心を見分ける

ボールをみずに満足にドリブルが出来るようになったら、実際にドリブルのドライブを使ってディフェンスを抜く練習を行います。

オフェンスとディフェンスの二人組みをつくり、ディフェンスに対してピボットやフェイントをつかいドリブルで抜こうとします。

ディフェンスを抜きさる際に、ディフェンスがドリブルの進行方向に入ってきたのを確認してから、反対方向に重心を切り換えて一気にスピードを変えて抜き去ります。

始めはディフェンスはゆっくり守るようにして、動きを覚えてきたら、少しずつディフェンスの動きのスピードを早くしてきます。

3.ドリブルをつく反対の手の位置を意識する

さらにドライブのスピードをあげるためには、ドリブルをついている反対の手は意識した練習を行います。ドリブルをついている反対の手は出来るだけ胸に近づけて、ディフェンスをすり抜け安くします。

これはディフェンスに反対の手がかかってしまうと抜きにくくなるためで、ドリブルで抜く時に肩を入れ込むような意識でいるといいです。

これらを意識しながら障害物を置いてドライブで抜き去る練習をします。

4.一歩目を大きく踏み出す

さらにスピードをアップするために、最初の一歩を大きくすることを意識した練習を行います。障害物などを置いて、一歩目を意識しながらドライブで抜き去る練習をします。

5.フットワークをこなす

ドライブは重心を変えるために急にスピードを変えるのでかなりの脚力を必要とします。サイドステップなどつま先などを使い方がうまくなるように練習しましょう。

バスケのドライブは重心の違いでスピードに大きな差がつきます。普段の練習メニューに重心の移動を意識して練習しましょう。

  • レイアップ時のトラベリングの種類と防止法
  • バスケのドリブルでダブドリを防ぐには?
  • バスケ初心者のフェイント習得方法
  • バスケ初心者の抜き方の基本と種類
  • 初心者がバスケをする際のドリブルのコツって
  • バスケのランニングで覚えるドリブル
おすすめの記事
バスケットボールの練習メニュー関連コラム
あなたはバスケットボールをどのようなスポーツだと思っておられるでしょうか。 きれいにドリブルをして、綺麗にシュートを打つ、そんな個人的な要素...
バスケのシュートが上達するコツ
バスケのトラベリングは、1番試合中に審判が判定しているバイオレーションの代表的なものです。ここでは、トラベリング自体のお話とレイアップ時のト...
バスケの基礎知識とルール
初心者の方が、バスケをする際には集団のスポーツという観点から中々動きがわからずどうしてよいかも解らないまま時間が過ぎてしまうということが多々...
バスケのパスが上達するコツ
バスケのパスは肘の使い方によって、速いパスが出来るか変わってきます。 例えばチェストパスなどは、パスをだす際に肘を大きく曲げると思いますが、...
バスケの練習メニュー
初心者の方が、バスケを始めたときに最初に思うのが、ただひたすら走って辛いとか、何の役に立つのか解らない状態で練習していて楽しくなくなってしま...