バスケ初心者にとって、意外と厄介なのが、フェイントです。このフェイントをマスターするのにどうしたら良いか、お話します。

1.初心者は、相手の目を見ないことから

バスケ初心者が、フェイントの練習をするのに1番大事なのは、相手の目を見ないことです。これは、ドリブル、パスにも言えることです。

フェイントをする際に、相手の目を見てしまうと、相手に次の動きが、察知されてしまいます。こうなるとフェイントどころではなくなります。

スポンサーリンク


バスケ初心者が、先ず覚えなければいけない準備として相手の目は、絶対に見ないことです。

バスケ自体が上達してくると、バスケの動きが出来るようになってくるので、初心者の方もフェイントも上達します。ですから心配しないで下さい。

2.初心者のフェイント練習

バスケ初心者の方は、一体どうすればフェイントを覚えていけるでしょうか?先ずは、フットワークをきちんと覚えてください。

フットワークは、バスケの基本です。初心者でも上達すれば、必ずフェイントのかけ方の基礎になる動きです。

では、実際にどういう練習から初心者の方が、フェイントを覚えていけるかをお話します。フットワークの中で、ボールを持たずに1対1の練習をします。

走るスピードは、最初は双方とも50%くらいではじめましょう。そのときオフェンスの方は、相手の裏をかくようにステップしながら抜く練習をして下さい。

ここで、ディフェンスがフェイントに引っかかったかを、充分に考えてください。ステップとは、左右前後ろ及び緩急をつけるステップです。

最初は、50%の速度で行いますが、初心者の方が上達してきたら、スピードは上げていって構いません。

この練習で、オフェンスは、フェイントで抜くことを覚え、ディフェンスは、それに引っかからない様に考えて動けるようになります。

バスケ初心者が、これをきちんと練習できたら、今度はボールを使って1対1をしていきましょう。これは、ドリブルの際のフェイントの練習です。

あくまでフェイントの練習なので、スピードだけで抜くものでは御座いません。フェイントで抜く準備をし、抜く瞬間にスピードをつけるという練習が、バスケ初心者には、大切かと思います。

バスケ初心者においてのフェイントの最初の練習は、抜くための動きと、ドリブルでどのようにフェイントをかけるかを体得することが、重要と思います。

これらが上達したら、今度はパス、シュートの際のフェイントも次第にできるようになります。ですから、あせらず、じっくり覚えてくださればと思います。

  • レイアップ時のトラベリングの種類と防止法
  • バスケのドリブルでダブドリを防ぐには?
  • バスケ初心者のフェイント習得方法
  • バスケ初心者の抜き方の基本と種類
  • 初心者がバスケをする際のドリブルのコツって
  • バスケのランニングで覚えるドリブル
おすすめの記事
バスケのシュートが上達するコツ
バスケのシュートには、柔らかいシュートを打つために、膝を柔らかく使うなど、柔軟性が必要になります。 今回はバスケのシュート時に必要な柔軟性を...
バスケのシュートが上達するコツ
バスケのダンクにはより高くジャンプするために垂直跳びの距離を伸ばす必要があります。 今回はバスケの垂直跳びを伸ばすための練習メニューを紹介し...
バスケが上達するトレーニング法
バスケはオフェンスにしても、ディフェンスにしても常に動き続けるスポーツです。 脚力があればあるほど、理想的です。普段の練習メニューも走ること...