今回はバスケのバックチェンジについてのやり方と上達するコツについて紹介します。バックチェンジは、ビハインドドリブルと同じで体の後ろ側を両手でV字ドリブルします。

動作的にはあまり変わりませんが、バックチェンジはフロントチェンジのようにその場でドリブルすることをよくいいます。こちらも当然ボールを見ることができないので、感覚でドリブルをすることになります。

スポンサーリンク


ドリブルをつく力が弱かったり、位置が変わったりすると足に当たったり、手の位置にボールがこなかったりするので、常にボールをつく位置や力を一定にするようにしましょう。

それではバスケのバックチェンジの練習メニューについて紹介します。

1.ドリブルの基礎をおさえる

バックチェンジを練習するにはまず基本的なドリブルが出来なければなりません。その場ドリブルなどの練習で両手で背中越しにドリブルがつけるようになりましょう。

次に、走りながらのドリブルの練習でボールをみない状態でドリブルが出来るようになりましょう。ドリブルチェンジ時にスピードを落とさないことを意識しましょう。

2.相手の重心を見分ける

ボールをみずに満足にドリブルが出来るようになったら、実際にバックチェンジを使ってディフェンスを抜く練習を行います。

オフェンスとディフェンスの二人組みをつくり、ディフェンスに対してドリブルで抜こうとします。

ディフェンスを抜きさる際に、ディフェンスがドリブルの進行方向に入ってきたのを確認してから、バックチェンジで進行方向を変えて抜き去ります。始めはディフェンスはゆっくり守るようにして、動きを覚えてきたら、少しずつディフェンスの動きのスピードを早くしてきます。

3.ドリブルをつく反対の手の位置を意識する

さらにバックチェンジのスピードを速めるために、バックチェンジ時の手の位置に注目します。

バックチェンジをする際にドリブルをついている反対の手は、大きく開いて、バックチェンジした際の、ボールを待ち受けるような形になるとドリブルが安定します。

4.フットワークをこなす

バックチェンジ時には急に進行方向を変えるのでかなりの脚力をしようします。サイドステップなどつま先などを使い方がうまくなるように練習しましょう。

バックチェンジは背中を通すぶん、クロスオーバーより難しいバスケの技になりますが、その分ボールとディフェンスとの距離が出来るので、ボールは取られずらくなります。練習メニューをこなして、試合でつかえるようにしましょう。

  • レイアップ時のトラベリングの種類と防止法
  • バスケのドリブルでダブドリを防ぐには?
  • バスケ初心者のフェイント習得方法
  • バスケ初心者の抜き方の基本と種類
  • 初心者がバスケをする際のドリブルのコツって
  • バスケのランニングで覚えるドリブル
おすすめの記事
バスケのオフェンスが上達するコツ
バスケのオフェンスのセットプレートは、どんな場面で、どのようにつかわれているのでしょうか。セットプレーの種類も含めてお話したいと思います。 ...
バスケが上達するトレーニング法
バスケはオフェンスにしても、ディフェンスにしても常に動き続けるスポーツです。 脚力があればあるほど、理想的です。普段の練習メニューも走ること...
バスケのシュートが上達するコツ
バスケのシュートは重心のかけ方によって異なります。 後ろにフェイドアウェイシュートのように後ろにジャンプする場合は重心を後ろにする予備動作が...
バスケのオフェンスが上達するコツ
バスケのオフェンスにはボール運びが不可欠です。 ボールを運べないとシュートまでいけないために、最低条件になります。 今回はバスケのオフェンス...
バスケのシュートが上達するコツ
バスケを習い始めて覚えるのがレイアップシュートです。このレイアップシュートは、実は1番得点できる確率の高いシュートです。今回は、ここのお話を...