今回はバスケのゾーンディフェンスのやり方と練習メニューについて紹介します。

バスケのゾーンディフェンスはディフェンスの5人がそれぞれ持ち場を担当して、ディフェンスをする方法です。

一般的に背の高い選手が、ゴール下、背の低く選手が外を守ります。ディフェンスフォーメーションの種類はいくつかありますが、共通して大事なことは、声を出して連絡をすることです。

スポンサーリンク


試合中によくあることが、どちらがディフェンスをするかが曖昧になったり、ディフェンスの死角にパスを出されて崩されることがあります。これらを防ぐには、チームで声を出しあい連携するしかありません。

練習メニューとしては、以下になります。

1.ゾーンディフェンスの陣形を知る

ゾーンディフェンスには必ず弱点があります。なので、各ゾーンにあった特性を知り弱点を知ることです。

座学になりますが、ゾーンディフェンスの特徴を知り攻め方を研究しましょう。試合中のビデオを見るなどで、デフェンスの強いところや弱点を探してみましょう。

2.実際にゾーンディフェンスをしてみる

ゾーンディフェンスの特徴を知ったあとは、実際に自分でディフェンスをしてみましょう。ディフェンスが何を考えて守るのかを知ることで、ディフェンスの動きを予想することができてきます。

3.ひとつひとつの動きを確認しながら守る

動くスピードを遅くして、ひとつひとつの動きを確認しながら動きます。ひとつひとつの動きでコート全体を見る事で、動きにどのような選択肢があるのか確認できます。

判断がうまく出来るようになってくれば、スピードを速めていくようにします。

4.あらかじめルールを決めて徹底する

ゾーンディフェンスのルールが曖昧になると機能しなくなります。チーム間でしっかりと共有しましょう。ビデオ等で実際のディフェンスしている所を確認して、ひとつひとつの状況判断をチーム全員で確認していきましょう。

5.声を出す

ルールを徹底してもイレギュラーな状況は起こり得ます、普段の練習から声を出して、状況を共有するようにしましょう。合図などをあらかじめ決めておくといいです。

6.5対5で実戦を経験する

実際に5対5のオールコートの練習をします。ディフェンスの陣形が整うまでに時間がかかったりする場合にどうすかなど、ハーフコートの練習では気づかなかった事が見えてきます。

バスケのゾーンディフェンスはチーム力が試されるので、チーム一丸になって練習しましょう。




バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材

バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓バスケをもっと上手にカッコ良くプレーしたい!
✓毎日練習してるのに中々うまくならない…
✓パス、ドリブル、シュートが上手になるコツを知りたい!


そんなアナタにおすすめなのが、 「バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材は、 元トッププレイヤーやプロにも教える指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバスケが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバスケが上達する練習メニュー教材を紹介します。


  • バスケのディフェンスにおいての役割
  • バスケのディフェンスで狙うスティール
  • バスケのディフェンス時に注意しなければならない目線
  • バスケのディフェンスでマークを間違えない方法
  • バスケのディフェンスで使われるボックスワン
  • バスケのディフェンスで使われるアメーバディフェンス
おすすめの記事
バスケのディフェンスが上達するコツ
今回はバスケのディフェンスのバンプについて紹介していきます。 バンプはディフェンスに体を常に当てて、オフェンスの思い通りに動けないようにする...
バスケのオフェンスが上達するコツ
バスケのオフェンスのセットプレートは、どんな場面で、どのようにつかわれているのでしょうか。セットプレーの種類も含めてお話したいと思います。 ...