今回はバスケのディフェンスで使用するダブルチームという戦術について紹介します。

バスケのダブルチームは一人のオフェンスに対して、二人のディフェンスがついてオフェンスにプレッシャーをかけます。

オフェンスはプレッシャーがかかるため、ドリブルミスやパスミスなどが起こりやすくなります。

反面、オフェンスにはフリーの選手が発生してしまうため、ダブルチームをする選手以外のメンバーが連携して穴を埋める必要があります。

スポンサーリンク


それではダブルチームの効果を最大限に生かす方法について練習メニューと一緒に紹介していきます。

1.ライン際でダブルチームをする

ダブルチームを最大限に生かすにはライン際のオフェンスにダブルチームにいくのが効果的です。ラインとデフェンス2人に囲まれてよりオフェンスにはプレッシャーをかけることが出来ます。

またパスコースも制限できるため、ダブルチームにいく選手以外のメンバーがパスカットを狙えます。

練習では、ディフェンスがオフェンスよりも一方によって守ることで、ライン際に追い込むようなディフェンスをします。ライン際まで追い込んだときにもう一人のデフェンスが参加してダブルチームをする練習をします。

2.ポストアップ時にダブルチームをする

ポストアップ時にはディフェンスはオフェンスの背中側にいます。その状態でオフェンスの前からダブルチームに行けば、オフェンスの前後にデフェンスがいることになり、オフェンスにかなりのプレッシャーをかけることができます。

デフェンスは間合いを詰めてドリブルが出来ないようにしましょう。練習ではポストプレイをするオフェンスにパスが入ったらダブルチームにいく練習をします。

3.ダブルチーム以外の選手がパスカットをねらう

ダブルチームを行うとパスコースが狭まるため、パスカットを狙いやすくなります。5対5の練習時にダブルチームを行い、オフェンスがどのようなパスをするかよく確認しましょう。

パスコースが限られていると思います。回りのデフェンスをそれを予測してパスカットをねらいましょう。

4.声を出す

ダブルチームは相手にミスをさせるディフェンスですので、プレッシャーをどれだけかけるかが重要になります。ディフェンスは声を出すことによってさらにプレッシャーをかけることができます。

このようにバスケのダブルチームデフェンスはチームのメンバーとの連携が必要ですので、毎日の練習メニューに取り入れて体に覚えさせることが重要です。

  • バスケのディフェンスにおいての役割
  • バスケのディフェンスで狙うスティール
  • バスケのディフェンス時に注意しなければならない目線
  • バスケのディフェンスでマークを間違えない方法
  • バスケのディフェンスで使われるボックスワン
  • バスケのディフェンスで使われるアメーバディフェンス
おすすめの記事
バスケのシュートが上達するコツ
今回はバスケの両手シュートについて紹介していきます。バスケの両手シュートは力が弱くワンハンドシュートのようにリングまでボールが届かない場合に...
バスケのシュートが上達するコツ
バスケはシュート時に肘をよくつかいます。 もし痛みがある場合は、練習を続けても効果が低くなるので、練習を休みましょう。 肘の痛みが出る前に筋...
バスケのオフェンスが上達するコツ
バスケ初心者の方がオフェンスをする際には、どのように動いてよいのか凄く悩むことと思います。特にバスケはチームスポーツであり、比較的狭いコート...