今回はバスケのディフェンスのディナイのやり方と練習メニューについて紹介していきます。

バスケはオフェンスに自由にパスをさせてしまうと、相手の思い通りのプレーをさせてしまい相手チームの流れがよくなってしまいます。

パスを自由にさせないためには、ディナイと言ってオフェンスのパスラインに手や体を入れてパスをさせない技を使います。

スポンサーリンク


ディナイをするときは、必ず自分が守る相手とパスをする相手が見えるようにしていきます。ボールがどこにあるかで、ディナイする位置が変わり、動きが変わってくるので、動きをしっかり覚えましょう。

それでは、バスケのディナイの練習メニューについて紹介していきます。

1.ディナイをし続ける練習

ディナイはし続けなければ意味がなくなってしまいます。すこしでも休むとボールが渡ってしまうためです。

パスを出す選手1人とオフェンスとディフェンスが1人づつ達、ディフェンスはオフェンスにボールが入らないようにディナイをし続けます。時間を決めて時間内にパスが渡ってしまったら、ペナルティを与えるとよいです。

オフェンスはVカットやLカットを使って相手を振り切るように動きます。

2.ボールマンの位置を変える

ディナイはボールマンの位置で動きが変わってきます。
今度はボールマンの位置が変わるようにしてディナイの練習をします。3Pライン上に4人並び、オフェンスとディフェンスが1人づつ立ちます。

パスを出す側はパスを出す位置を変えます。一方ディフェンスはボールの位置によってディナイの位置を変えていきます。

こちらも制限時間を決めて、制限時間内にパスが渡ってしまったら、ペナルティを与えます。ディフェンスは常に自分が守るオフェンスの選手とボールをもった選手が見える位置に立ちましょう。

3.フットワークで足腰を鍛える

ディナイをし続けるのは非常に体力を使います。やはり基礎となるフットワークで足腰を鍛えることが上達の鍵になります。シャトルランなど常に動き続ける練習を行い、足腰を鍛えましょう。

4.まとめ

このようにバスケのディナイはボールの位置を正確に把握することが大事になります。時にはディフェンス通しでボールの位置を連係することも必要になります。

ディナイを徹底するチームとそうでないチームでは攻め易さがまったく異なります。意識しなくてもディナイが出来るように体に覚え込ませるために練習メニューを確実にこなしていきましょう。

  • バスケのディフェンスにおいての役割
  • バスケのディフェンスで狙うスティール
  • バスケのディフェンス時に注意しなければならない目線
  • バスケのディフェンスでマークを間違えない方法
  • バスケのディフェンスで使われるボックスワン
  • バスケのディフェンスで使われるアメーバディフェンス
おすすめの記事
バスケのリバウンドが上達するコツ
今回はバスケのリバウンドの重要性についての話をしていきます。バスケはリバウンドを制するものは試合を制すると言うぐらい、バスケには大事な動作に...
バスケの基礎知識とルール
バスケ初心者の方が、ゾーンディフェンスを覚えることは意外と難しいです。ゾーンディフェンスの基本的な考え方や守り方をお話します。 1.いったい...
バスケのシュートが上達するコツ
今回はバスケの両手シュートについて紹介していきます。バスケの両手シュートは力が弱くワンハンドシュートのようにリングまでボールが届かない場合に...
バスケのドリブルが上達するコツ
バスケ初心者にとって、意外と厄介なのが、フェイントです。このフェイントをマスターするのにどうしたら良いか、お話します。 1.初心者は、相手の...