バスケのディフェンスの役割をマンツーマンディフェンスとゾーンディフェンスの二点からお話したいと思います。

1.マンツーマンディフェンスの役割

バスケのマンツーマンディフェンスは、文字通りですが、一人のオフェンスに一人のディフェンスが、責任もってマッチアップすると言うことです。

これは、一人が一人を責任持ってディフェンスするのが役割です。そしてオフェンスは、そのマークを外して攻撃をしていくと言うのが役割です。

スポンサーリンク


マンツーマンディフェンスの役割は、第一に自分のマークする人をいち早く見つけ、ピックアップすることです。ディフェンス体制が遅れると言うことは、相手に攻撃される時間を、より多く与えると言うことです。

そして、スクリーン等をオフェンスが、行った場合は、必ず見方に声で知らせて、ディフェンスの準備をしていくことも役割です。上達しているものは、こういうことがしっかり出来ています。

第三は、一人が抜かれたときのヘルプと、それに伴うカバーを行うと言うことです。言い換えれば、相手に簡単にシュートを打たせないための、役割です。

バスケでは、第一、第二は意外と役割を把握されているのですが、第三は、上達者でも中々出来ないことが、多いようです。

バスケのマンツーマンでは、この三点が非常に重要と考えます。

2.ゾーンディフェンスの役割

ゾーンディフェンスの役割についてお話します。そもそも、ゾーンディフェンス自体に一定の役割が、バスケの場合はございます。

どういうことかといいますと、マンツーマンディフェンスと違い、一人ひとりが与えられたスペースを守るからです。よって配置の方法で、役割がある程度決まってきます。

例えば、2-3ゾーンの場合は、ペイントエリア内をディフェンスで固めたいときです。2-1-2は、更に、相手に大きい選手がいて、ペイントエリア内を固めたいときです。

次に3-2は、3Pシューターのシュートを防ぎたいとき等に使用されます。1-3-1は、ウィングからの攻撃に備えたりもします。

そして、このゾーンディフェンスの役割は、さらにこの形からディフェンスをしながら、一定の目的でボールを取りに行ったりもします。

バスケのゾーンディフェンスの役割は、その配置で変わります。ですから、このディフェンスは、全員の呼吸が合うことが、非常に重要です。

又、その目的を全員が、把握することも重要に成ります。シュミレーションしながら、上達していき、試合で使用して修正していく必要もあります。

このディフェンスは、技術の上達だけでなく、守っている皆が声を掛け合って、オフェンスの位置を知らせたりすることも重要な役割です。

バスケの代表的なディフェンスの種類と役割のお話をしました。動きの上達とともにディフェンスは、声をかけて見方同士が、全体を把握することも大事に成ります。

  • バスケのディフェンスにおいての役割
  • バスケのディフェンスで狙うスティール
  • バスケのディフェンス時に注意しなければならない目線
  • バスケのディフェンスでマークを間違えない方法
  • バスケのディフェンスで使われるボックスワン
  • バスケのディフェンスで使われるアメーバディフェンス
おすすめの記事
バスケのシュートが上達するコツ
バスケは速攻などパスを受けてそのままレイアップシュートを打つ場面があります。 ドリブルをしないことで、とてもスピーディーになります。 今回は...
バスケのドリブルが上達するコツ
バスケのドリブルはボールを使って常に練習することが大事になります。 練習開始前のランニングをするときもボールを使って練習をしましょう。 今回...
バスケの基礎知識とルール
大人になってからバスケを始めるって、凄く勇気がいると思います。ここでは、大人でも20代、30代、40代からバスケを初心者から始める際の上達方...
バスケのシュートが上達するコツ
ダンクシュートはバスケの王道で、誰もがしたいシュートであります。 身長がある人ならいいですが、身長がない人はダンクシュートをあきらめていませ...
バスケのシュートが上達するコツ
バスケのシュートは重心のかけ方によって異なります。 後ろにフェイドアウェイシュートのように後ろにジャンプする場合は重心を後ろにする予備動作が...