今回はバスケのディフェンスの姿勢について紹介していきます。ディフェンスは急な動きに対応する必要があるので、足を開き腰を落とします。

上半身は膝と肩が同じラインにくるぐらいの姿勢で前にも後ろにも傾きすぎないようにします。手は必ずオフェンスのボールをチェックするようにしてください。

この姿勢を保つには非常に体力をつかうので、これから紹介する練習メニューで鍛えましょう。

スポンサーリンク


1.フットワーク

ディフェンスは1にも2にもフットワークが鍵と言われています。基礎体力が物をいうのでフットワークは入念にする必要があります。

シャトルランやラン&ゴーなど基本的に走るのがメインになりますが、面倒くさがらずにコンスタントにやり続けてることが重要です。

走り込みを続けることで、じょじょにですが体力がついてくるのが実感できてくると思います。

長時間走り続ける持久力を身につけましょう。

2.カニ歩き

ディフェンスの大事な要素でスタンスとハンズアップがあります。スタンスはディフェンスをするときの姿勢でボール保持者に対して正対しひざを曲げて重心を落とします。

ハンズアップは手をあげてボール保持者にプレッシャーを与えることです。このスタンスとハンズアップを維持した状態で真横にスライドをする練習がカニ歩きです。

文字通りカニが歩くふうに見えるので、かっこ悪く見えるかもしれませんが。この姿勢を維持するのはとてもきついです。

ゆっくりな動きと早い動きを組み合わせます。ディフェンスの基本姿勢になるので姿勢を意識しながら練習するようにしてください。

3.ターキー

練習者の前に指揮者が一人立って、練習者はディフェンスのスタンスをとり足をジタバタします。指揮者は手で上下左右のどれかを指さします。

練習者はさされた方によって、上をさされたのであればその場でジャンプ、下をさされたであればうつ伏せに寝てすぐに起き上がる、左右をさされたのであればさされた方向に1歩スライドします。

指揮者は指示するスピードを任意で上げたり下げたりするとよいです。

常に動き続ける必要があるのでとてもきついです。練習時間を長めにとると反射神経、持久力向上や、メンタル向上にも効果があります。

バスケのディフェンスの姿勢がよくなると、ディフェンスの反応がよくなり、オフェンスにはプレッシャーがかかるようになります。

ただ体力をつかうので、常にフットワークを練習メニューに入れて、バスケの基礎体力の向上を目指しましょう。




バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材

バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓バスケをもっと上手にカッコ良くプレーしたい!
✓毎日練習してるのに中々うまくならない…
✓パス、ドリブル、シュートが上手になるコツを知りたい!


そんなアナタにおすすめなのが、 「バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材は、 元トッププレイヤーやプロにも教える指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバスケが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバスケが上達する練習メニュー教材を紹介します。


  • バスケのディフェンスにおいての役割
  • バスケのディフェンスで狙うスティール
  • バスケのディフェンス時に注意しなければならない目線
  • バスケのディフェンスでマークを間違えない方法
  • バスケのディフェンスで使われるボックスワン
  • バスケのディフェンスで使われるアメーバディフェンス
おすすめの記事
バスケのオフェンスが上達するコツ
バスケのオフェンスのセットプレートは、どんな場面で、どのようにつかわれているのでしょうか。セットプレーの種類も含めてお話したいと思います。 ...
バスケのオフェンスが上達するコツ
バスケのオフェンスはシュートの成功率が高いボックスエリア内でシュートを打つかがポイントになります。 今回はバスケのボックスエリアでのシュート...
バスケのディフェンスが上達するコツ
今回はバスケのディフェンスのバンプについて紹介していきます。 バンプはディフェンスに体を常に当てて、オフェンスの思い通りに動けないようにする...
バスケのシュートが上達するコツ
バスケを習い始めて覚えるのがレイアップシュートです。このレイアップシュートは、実は1番得点できる確率の高いシュートです。今回は、ここのお話を...
バスケのディフェンスが上達するコツ
バスケは得点差を縮めたい時にプレスディフェンスといって、普段のディフェンスよりも運動量を増やしてプレッシャーを強くするディフェンス方法があり...
バスケのシュートが上達するコツ
バスケのもっとも重要な動きは、シュートです。これは得点を重ねていくスポーツですから当たり前のことですが、きちんとシュートフォームを確立しまし...