バスケのディフェンスでは目線が重要になります。

ディフェンスは自分が守るオフェンスだけをみればいいと考えている人もいるかも知れませんが、ボールを見なければ、コート内がどういう状況になっているかわからず、パスカットやヘルプなども狙えないからです。

今回はバスケのディフェンス時の目線を意識した練習メニューを紹介していきます。

1.アイソレーションのディフェンス

アイソレーションオフェンスは1対1をしやすくするようにボールマンの逆サイドに動いて1対1が出来るスペースを作るように見方が動き、1対1で攻めます。

スポンサーリンク


練習では1対1の練習をして個人の能力を高めのと同時に、周りの選手がヘルプディフェンスに行くこと覚えます。

2.ピックアンドロール

1対1で劣る場合は味方で連係してフリーを作る練習をします。

ピックアンドロールは味方をマークしているディフェンスにスクリーンをかけたあとに、ゴール側に切れ込みます。

ディフェンスのスイッチの動きによってパスを出したり、そのままドライブにいくなどが出来ます。

ディフェンスはオフェンスの状況を見て素早く次の動作に入れるように訓練をします。

スクリーンの位置はチーム内で声を出して常に連携し確認しあいましょう。

3.ドライブ時のヘルプディフェンス

ゴール下にドライブで入ると、ゴール下に近いディフェンスがヘルプディフェンスといって、ボールマンに近づきゴール下で簡単にシュートできないように動きます。このときにヘルプディフェンスがついていたオフェンスがフリーになります。

そのときに、フリーの選手にパスをすることでフリーのシュートが出来ます。

ディフェンスはヘルプディフェンスに行くとフリーになる選手が出てくるということを把握しておき、チーム全体でフリーの選手をカバーするようにしましょう。

状況によってはマークマンが変わることがあるので、声をだして連係しましょう。

5.あらかじめルールを決めて徹底する

目線に気をつけてもみえない部分は出てきます。

しっかりとチームのディフェンスルールを決めてチーム間でしっかりと共有しましょう。

ビデオ等で実際のディフェンスしている所を確認して、ひとつひとつの状況判断をチーム全員で確認していきましょう。

6.声を出す

ルールを徹底してもイレギュラーな状況は起こり得ます、普段の練習から声を出して、状況を共有するようにしましょう。

合図などをあらかじめ決めておくといいです。

バスケのディフェンスは目線が大事ですが、それにも限界があり死角はあります。

その死角はチーム内で声を出しあって、死角を埋めるように、普段の練習メニューでも意識しましょう。

  • バスケのディフェンスにおいての役割
  • バスケのディフェンスで狙うスティール
  • バスケのディフェンス時に注意しなければならない目線
  • バスケのディフェンスでマークを間違えない方法
  • バスケのディフェンスで使われるボックスワン
  • バスケのディフェンスで使われるアメーバディフェンス
おすすめの記事
バスケのシュートが上達するコツ
ダンクをすることは、バスケしたことがある人の全員の夢だと思います。今回はバスケのダンクの練習方法について紹介します。 ダンクはバスケの中でも...
バスケのオフェンスが上達するコツ
今回はバスケのオフェンス戦術の考え方について紹介していきます。オフェンス戦術は自チームと相手チームの特性を考えて有効な戦術をとります。 例え...