バスケのドリブルにはいくつかの種類があります。今回は代表的なバスケのドリブルの種類についてまとめて紹介していきます。

1.フロントチェンジ

体の前を通してボールを持ち変える技がフロントチェンジです。

ドリブル中に一番多用する技になります。ディフェンスの目の前でフロントチェンジをすると簡単にボールを取られてしまいますので、フロントチェンジをする場合は、

スポンサーリンク


後ろにボールを引くように切り替えて、相手から遠ざかるような形でドリブルをつきます。ディフェンスからの手が届かないように反対の手は必ずボールを守るような形にしてください。

2.レッグスルー

ドリブルで股の下を通してドリブルする技がレッグスルーです。ボールをつく角度があさいと体に当たってしまいます。

まずは動かずその場でレッグスルーを繰り返す練習をして、股の下を通す感覚を覚えてください。

実際のレッグスルー時は進行方向を変える場面が多いので、スピードを落とさずに方向を落とさない練習をしていきましょう。

3.ステップバック

ドリブルをして前進している際に急に後ろにドリブルで下がる技がステップバックです。

後ろに下がることで、ディフェンスは意表をつかれて前に出てきます。その場合は再度前進してディフェンスを抜き去りましょう。

またディフェンスがついてこれずに距離があいた場合はシュートに持ち込めます。

4.スピンムーブ

軸足をつかって一回転する技がスピンムーブです。回転が遅かったり回転方向が浅かったりするとディフェンスにボールを取られてしまうので、一直線に素早く回転するようにしましょう。

ボールをついたあとの体と腕の使い方が大切なので回転の練習を繰り返ししましょう。

5.ビハインドザバック

体の後ろを通してドリブルチェンジする技がビハインドザバックです。ディフェンスが前に出てボールを取りにきたときに使うと効果的です。

この技もドリブルをついた後の体と腕の使い方が大切になってくるので、練習を繰り返しましょう。

6.まとめ

上記にあげたようにバスケのドリブルにはいくつか種類がありますが、大事なことはディフェンスを抜くことです。難しいドリブルをしてミスをしたら意味がありません。

ミスせず正確にドリブルできるところまで練習してから試合で使うようにしましょう。どれか一つでも誰にも負けない得意技を用意すると、試合で活躍できる場が増えます。

  • バスケ初心者のためのバッシュ選び
  • バスケ初心者のゾーンの考え方
  • バスケ初心者に多いファールと防止法
  • バスケ初心者のフォーメーション
  • バスケを初心者から始めたい方へのメッセージ
  • 初心者バスケの戦術
おすすめの記事
バスケのシュートが上達するコツ
バスケにおいてのジャンプシュートの基本的な考えや、ジャンプシュートの基本的な練習等をここでは、お話したいと思います。 1.ジャンプシュートは...
バスケの練習メニュー
バスケのシュートやパスは手を使って行うスポーツです。 特に手首のスナップはよく使うので、バスケにとって必要なトレーニングになります。 今回は...
バスケのハンドリングが上達するコツ
ドリブル・シュート・パス、ボールキャッチ、すべての種類の動作にはボールを扱うハンドリングが必要になります。 バスケのボールハンドリングで重要...
バスケの基礎知識とルール
実は、経験者でも難しいファール。ここでは、初心者が起こしがちなファールと帽子方法をご紹介します。 1.ファールとはなんでしょう バスケは、基...