バスケにはいろいろな種類のディフェンスが存在します。今回はバスケのディフェンスの種類について紹介して行きます。

1.ハーフコートマンツーマンディフェンス

ハーフコートでオフェンス1人に対して1人のディフェンスがつくディフェンスです。

ゾーンディフェンスよりもノーマークが出来にくいのですが、身長差などあきらかなミスマッチが発生した場合に局所的に攻められる可能性が高くなります。

スポンサーリンク


2.オールコートマンツーマンディフェンス

オールコートでのマンツーマンディフェンスです。オフェンスからディフェンスに切り替わるときに、マークマンの位置が遠くなっている可能性があるので、スイッチなど臨機応変に動く必要があります。

3.ハーフコート2-3ゾーンディフェンス

フリースローライン近くに2人、リング近くに3人が位置するディフェンスです。インサイドのディフェンスやリバウンドを強化したい場合に用います。その分アウトサイドは弱くなります。

4.ハーフコート3-2ゾーンディフェンス

フリースローライン近くに3人、リング近くに2人が位置するディフェンスです。インサイドが弱くなりますが、アウトサイドの守りが強くなります。

5.ハーフコート1-3-1ゾーンディフェンス

トップに1人、フリースローライン付近に3人、リング近くに1人が位置します。アウトサイドとインサイドをバランスよく守る陣形ですが。ボールの逆サイドが手薄になる事があります。

6.オールコート1-2-1-1ゾーンディフェンス

オールコートで、先頭に1人、やや後ろに二人、その後ろに1人、さらに1人が位置します。ボールマンにプレッシャーをかけ後ろのメンバーがパスカットを狙います。

7.オールコート2-2-1ゾーンディフェンス

オールコートで先頭に2人、やや後ろに2人、最後に1人位置します。こちらもボールマンにプレッシャーをかけ後ろのメンバーがパスカットを狙います。

8.ボックスワン

1人がマンツーマンで残りの4人がフリースローラインの近くで三角形を作り守ります。相手チームに能力の高い選手がいる場合に、マンツーマンディフェンスをする選手がフェイスガードと呼ばれるパスが回らないようなディフェンスをします。

9.ハーフコートトライアングル2

2人がマンツーマンで残りの3人がフリースローラインの近くで三角形を作り守ります。こちらは相手チームに2人能力の高い選手がいる場合に、マンツーマンディフェンスをする選手がフェイスガードをしてパスをまわさないようにします。

10.まとめ

このようにバスケのディフェンスの種類は無数にあります。自チームの特性と相手チームの特性を考慮して最適なディフェンスを選択しましょう。




バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材

バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓バスケをもっと上手にカッコ良くプレーしたい!
✓毎日練習してるのに中々うまくならない…
✓パス、ドリブル、シュートが上手になるコツを知りたい!


そんなアナタにおすすめなのが、 「バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材は、 元トッププレイヤーやプロにも教える指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバスケが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバスケが上達する練習メニュー教材を紹介します。


  • バスケ初心者のためのバッシュ選び
  • バスケ初心者のゾーンの考え方
  • バスケ初心者に多いファールと防止法
  • バスケ初心者のフォーメーション
  • バスケを初心者から始めたい方へのメッセージ
  • 初心者バスケの戦術
おすすめの記事
バスケが上達するトレーニング法
バスケは体力勝負なところがあるのでトレーニングよるスタミナ増強が欠かせません。 今回はバスケのスタミナを増強するための練習メニューを紹介して...
バスケのシュートが上達するコツ
バスケはシュート時に肘をよくつかいます。 もし痛みがある場合は、練習を続けても効果が低くなるので、練習を休みましょう。 肘の痛みが出る前に筋...
バスケのパスが上達するコツ
バスケの指導に関して、指導者が、注意しないとならない点をお話したいと思います。特に年代によっても指導方法があると思います。今回は、パスの指導...