バスケにはいくつものシュートの種類があります。今回はバスケの代表的なシュートの種類について紹介していきます。

1.ワンハンドセットシュート

ジャンプせずに片手でシュートします。主にフリースロー時に使用します。
ジャンプせずにシュートするので安定したシュートが打てますが、ディフェンスにブロックされる可能性が高いので、
フリースロー以外にはあまり使用しません。

スポンサーリンク


2.ワンハンドジャンプシュート

ジャンプして片手でシュートします。バスケでは一番使用するシュートです。ジャンプしてシュートするので、相手のディフェンスのブロックを交わしながらシュートすることが出来ます。

基本は真上にジャンプしますが、相手のディフェンスを避けるために横や前後にジャンプすることがあります。

どちらにしても体はながれないように、空中でバランスをとりながらジャンプの最高点でシュートします。

3.レイアップシュート

走りながら片手でシュートするのがレイアップシュートです。速攻時やドライブ時に使用することが多いです。スピードに乗った状態でそのままシュートを放つことができます。

ブロックされないようにシュートする直前までボールを両手で持ちます。ブロックを防止するためにボールを投げるときの軌道を高くする方法があります。

4.フックシュート

特にセンターがよく使うシュートがフックシュートです。
ゴールに正対しない状態で片手を伸ばしてシュートをする方法です。手の長さをつかってジャンプシュートよりも高い位置でボールを放つことができます。

その場でジャンプすることや横にスライドしながらジャンプすることがあります。

また体の幅を使ってディフェンスをより遠ざける事が出来るので、ブロックされにくいシュートになります。シュートの軌道を高くすることでよりブロックがしにくくなります。

5.ダンクシュート

リングにボールを直接押し込むシュートです。一番成功率が高いシュートになります。

豪快で観客が湧くシュートになります。ワンハンドダンクシュートやボースハンドダンクシュートなど、ダンクシュートにもいろいろな種類があります。

リングに手が届く必要があるので、身長とジャンプ力が必要になります。

ディフェンスの状況に合わせて、適切なシュートを打つようにしましょう。これらの種類のシュートを使いこなして、バスケの試合に活かしましょう。

  • バスケ初心者のためのバッシュ選び
  • バスケ初心者のゾーンの考え方
  • バスケ初心者に多いファールと防止法
  • バスケ初心者のフォーメーション
  • バスケを初心者から始めたい方へのメッセージ
  • 初心者バスケの戦術
おすすめの記事
バスケのパスが上達するコツ
バスケのパスは相手にボールを投げる動作ですので、自分一人だけでは完結しません。チームプレイが必要となります。 正確なパスが出来ないとディフェ...
バスケのシュートが上達するコツ
今回はバスケの両手シュートについて紹介していきます。バスケの両手シュートは力が弱くワンハンドシュートのようにリングまでボールが届かない場合に...
バスケのオフェンスが上達するコツ
バスケのオフェンスはチームプレーによってフリーのチャンスを作り出すことが出来ます。 スクリーンを使うことで相手のディフェンスを乱し、フリーの...
バスケの基礎知識とルール
大人になってからバスケを始めるって、凄く勇気がいると思います。ここでは、大人でも20代、30代、40代からバスケを初心者から始める際の上達方...