ドリブル・シュート・パス、ボールキャッチ、すべての種類の動作にはボールを扱うハンドリングが必要になります。

バスケのボールハンドリングで重要なことはボールを見ないことです。ボールを見ないということは手先の感覚が大事になってきます。

ボールを手のひらだけでもつのではなく、指をひらいて指でもしっかりともちます。ボールを扱うときに手にしっかりと触れていればコントロールしやすくなります。

スポンサーリンク


またボールは体の中心から離れれば離れるほどコントロールが難しくなります。体から遠いところでもコントロールを失わないようにしていく必要があります。

今回はバスケの代表的なボールハンドリングの練習メニューについていくつかの種類を紹介します。

1.前後キャッチ

前後キャッチは中腰になって股の下にボールを構えます。ボールを離したら、今度はお尻の後ろから手をだしてキャッチします。キャッチしたら今度はまたもとの位置でキャッチします。

コツはボールを離すときにすこしボールを持ち上げる事で、手を移動する時は素早く移動させてください。

2.クロスキャッチ

クロスキャッチは前後キャッチと似ていますが、キャッチする手を前とお尻の後ろから手を伸ばしてキャッチします。

こちらもコツはボールを離すときにすこしボールを持ち上げるようにして、手の移動は素早くしてください。

3.手たたき

手たたきは上記の前後キャッチとクロスキャッチのボールを離す動作時に一回手をたたいたからキャッチする動作に入ります。

大きめにボールを持ち上げて手をたたくためにさらに手を素早く動かす必要がでてくるので練習しましょう。

4.背面キャッチ

ボールを胸の前に持って、ボールを上に投げて背中でキャッチします。

背中でキャッチが出来たら、今度は胸でキャッチ出来るように上に投げます。ボールの着地点を予測してキャッチが必要になります。

5.まとめ

いくつかの種類のボールハンドリングを紹介しましたが、必ず前をみて練習するようにしましょう。

間違ったフォームではいつまでも上達しません。常にフォームを意識しましょう。バスケのハンドリングは反復練習によって備わるものです。

ハンドリングの練習方法は自分一人でも出来る練習ばかりです。ちょっとしたあき時間でもいいので、練習をするようにすると、1年もすれば相当な時間練習したことになります。

周りの選手と差をつけたいと考えている方は練習に励みましょう。

  • バスケ初心者のためのバッシュ選び
  • バスケ初心者のゾーンの考え方
  • バスケ初心者に多いファールと防止法
  • バスケ初心者のフォーメーション
  • バスケを初心者から始めたい方へのメッセージ
  • 初心者バスケの戦術
おすすめの記事
バスケの基礎知識とルール
大人になってからバスケを始めるって、凄く勇気がいると思います。ここでは、大人でも20代、30代、40代からバスケを初心者から始める際の上達方...
バスケのパスが上達するコツ
バスケのパスは相手にボールを投げる動作ですので、自分一人だけでは完結しません。チームプレイが必要となります。 正確なパスが出来ないとディフェ...
バスケが上達するトレーニング法
バスケのトレーニングは体育館以外でも出来ます。 プールでのトレーニングをすると水の抵抗があるため、普段使わない筋肉をつかうことで瞬発力などを...