今回はバスケのパスのルールについて紹介します。バスケはパスをやみくもにしてもチームの連係が取れずにオフェンスがうまくいきません。チーム内でパスを出す際のルールを決める事によって、チームオフェンスが纏まってきます。

それでは、パスをするときのルールをいくつか紹介していきます。練習メニューに取り入れるようにしましょう。

スポンサーリンク


1.声を出す

パスを出すためにはチームメンバーとの意志がそろっていないとパスが出せません。メンバー全員が声をだしあって状況を連絡しあいましょう。合図などはチーム内で統一するようにしましょう。

2.パスミスをしない

パスミスをしてしまうと、相手のボールになってしまうこと繋がります。派手なプレーよりも出来るだけ成功率が高いパスをだしたほうがいいです。また出来るだけ相手の胸にパスを出すようにしましょう。

3.キャッチミスをしない

キャッチミスをしてしまうと、相手のボールになってしまうことに繋がるので、出来るだけパスを受けとる時には体勢を整えて正確にとるようにしましょう。またボールを片手でとるよりも両手でとる方がミスをする確立が減ります。

4.パスした後は止まらない

オフェンス時のノーマークは選手が動くことによって、生まれます。パスした後に止まらないようにし、ゴールにカットやスクリーンもしくは逆サイドに離れるなどを徹底しましょう。

5.自分のシュートを優先する

パスをする前に、自分のシュートが出来るかどうかを判断してから、パスをするという優先順序を決めましょう。

シュートを打つという選択肢をもたずにパスだけを考えていると、自分がノーマークなのにパスを出してしまうという結果になってしまいます。

6.逆サイドを意識する

バスケはボールをもっている選手の逆サイドの選手がフリーになることが多いです。

パスの相手をみるときは逆サイドを意識するようにしましょう。ただディフェンスがパスカットを狙っている可能性があるので、パスカットには気をつけるようにしましょう。

7.ボールを持っていない選手はスクリーンをしあう

ノーマークを作るためにはスクリーンをすることが有効です。ボールを持っていない選手同士がスクリーンをし合うことによって、ノーマークを作り出すことが出来ます。

このようにパスを回すルールを決めることによって、選手は試合中に迷うことがなくなります。普段から練習メニューをこなすときに常にルールを意識して練習しましょう。

  • バスケ初心者のためのバッシュ選び
  • バスケ初心者のゾーンの考え方
  • バスケ初心者に多いファールと防止法
  • バスケ初心者のフォーメーション
  • バスケを初心者から始めたい方へのメッセージ
  • 初心者バスケの戦術
おすすめの記事
バスケのオフェンスが上達するコツ
今回はバスケのオフェンス戦術の考え方について紹介していきます。オフェンス戦術は自チームと相手チームの特性を考えて有効な戦術をとります。 例え...
バスケのリバウンドが上達するコツ
今回はバスケのリバウンドの重要性についての話をしていきます。バスケはリバウンドを制するものは試合を制すると言うぐらい、バスケには大事な動作に...
バスケのシュートが上達するコツ
バスケのフリースローとは、一体どういうものか、きちんと決めるにはどうしたら良いかというお話をしたいと思います。 1.フリースローとは バスケ...
バスケのシュートが上達するコツ
最近特にルーティンという言葉をよく耳にします。実は、昔から有る動作ですが、これを行うことで、フリースローに取って、良い部分をお話します。 1...