ここでは、バスケ初心者個人が、どのような戦術で考えて動いたらよいかをお話したいと思います。

1.まずは、気持ちで負けないこと

オフェンスでもディフェンスでも先ずは、バスケ初心者の方は、気持ちで負けないと思うことが戦術よりも何よりも大事です。

例えば1対1のディフェンスでも、相手が自分より上手でも、気持ちで負けない、これがあれば、最初は抜かれたとしても上達するにつれ付いて行けるようになります。

気持ちで負けたら上達は一切しません。ですので強くそこを意識してください。バスケ初心者に一番大事な事は、先ずは戦術云々でなく気持ちで負けないことです。

スポンサーリンク


そして、オフェンスでうまく出来なかったこと、ディフェンスでうまく出来なかったときに悔しいとお思えれば、バスケ初心者が、上達していく一歩になると思います。

2.初心者のオフェンスの戦術

バスケ初心者でも、試合でボールに触れればバスケットボールプレイヤーです。ここでは、バスケ初心者が、オフェンスをするときの戦術をお話します。

先ず、ボールを持ったらゴールを見て、シュートが打てるなら迷わず狙うことが戦術の第一段階です。シュートできるなら迷わずシュートしてください。

これは上達するとシュートしてよい場面かわかりますが、バスケ初心者にはタイミングはわからないので、先ずはゴールを狙うことが第一の戦術です。

ただ、届かないのにシュートするのは全くの意味がないので、あくまでもシュートして届く距離ならばということです。どんどんシュートをして、シュートを上達してください。

次にシュートが出来ないならパス、ドリブルのどちらかを行うわけですからどちらをするのかを考えて下さい。

ドリブルを選択したのであれば、迷わずゴールに向かって相手のディフェンスを抜くようにドリブルしてください。後はシュートをして下さい。

大事なのは、バスケ初心者であってもゴールを狙う気持ちと、その動きが大事になるということです。

オフェンスにおいては、バスケ初心者は、ボールを持ったら必ずゴールに向かうという戦術が、一番大事です。バスケは、ゴールを相手より多く決めるスポーツであります。

この意識が身につくと上達も早くなると思います。

3.初心者のディフェンスの戦術

バスケ初心者において1番難しいのは、ディフェンスです。なぜなら経験からの予測が、全く出来ないからです。

これは、上達して行くうちに解決していくものですが、最初のうちは仕方ないことでもございます。ではどうやってバスケ初心者が、ディフェンスすればよいのでしょうか。

戦術としては、先ずは相手に抜かれないことを一番に考えてください。相手に抜かれないようにするには、どうすればよいかを考えてください。

抜かれてしまうということは、全くディフェンスが出来ていないということです。ですのでバスケ初心者の戦術の第一は、抜かれないディフェンスを心がけることです。

これが出来てきたら、かなり上達してきていることになります。

第二の戦術は、相手がシュートをうったらその相手のボックスアウト(スクリーンアウト)を必ず行うことを徹底してください。これは、相手がシュートを打ったとしても半分は落ちるのがバスケです。

しかもシュートした本人が、1番最初に落ちそうだとか入るとかを知るのです。バスケ初心者云々でなくても、シュートを打った人のボックスアウト(スクリーンアウト)は、必ず行わなければ成りません。

バスケ初心者においての戦術をお話しました。基本的なことですから、確実に出来るようにして上達への糧にしていただければと思います。

  • バスケ初心者のためのバッシュ選び
  • バスケ初心者のゾーンの考え方
  • バスケ初心者に多いファールと防止法
  • バスケ初心者のフォーメーション
  • バスケを初心者から始めたい方へのメッセージ
  • 初心者バスケの戦術
おすすめの記事
バスケのオフェンスが上達するコツ
バスケのオフェンスにはいくつもの攻め方がありますが、基本的な攻め方の組合せで構成されることが多いです。 今回はバスケのオフェンスの攻め方の練...
バスケットボールの練習メニュー関連コラム
あなたはバスケットボールをどのようなスポーツだと思っておられるでしょうか。 きれいにドリブルをして、綺麗にシュートを打つ、そんな個人的な要素...
バスケが上達するトレーニング法
バスケのトレーニングは体育館以外でも出来ます。 プールでのトレーニングをすると水の抵抗があるため、普段使わない筋肉をつかうことで瞬発力などを...